Record China

ヘッドライン:

<バレー>「夢のよう」と持ち上げた日本の守備を「暴力的スパイク」で撃ち破った中国

配信日時:2019年6月5日(水) 15時0分
拡大
4日に香港で行われたFIVBバレーボール女子ネーションズリーグ予選ラウンドの日本対中国の試合は、中国が3-0で勝利した。

4日に香港で行われたFIVBバレーボール女子ネーションズリーグ予選ラウンドの日本対中国の試合は、中国が3-0で勝利した。

中国は接戦となった第1セットを27-25でものにすると、続く第2、3セットも25-18 、25-21で奪って勝利した。

中国の映像メディア・梨視頻は「スタートダッシュ!中国が日本を一掃」「朱[女亭](ジュー・ティン)が何度も『暴力的な』スパイクを決めた」などと伝えた。また、中国体育は、中国の郎平(ラン・ピン)監督が3日の会見で日本の守備について「夢のよう」などと称賛していたことに言及。「朱[女亭]が18得点、重いスパイクは誰にも止められなかった」と、日本の守備を打ち崩したエースをたたえた。

ネットユーザーからは「ストレートで勝利はすごい!おめでとう!」「バレー中国女子は最高だ!。次のオランダ戦も頑張れ」「中国はアジアでは敵なしだな」「中国と対戦した相手は勝てない。負けるしかない」「朱はバレー界の大魔王だ」といったコメントが寄せられた。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<サッカー>優勝カップ踏みつけの韓国代表、宿泊したホテルでも「面倒」起こす?=従業員「こんなチームは初めて」

中国四川省成都市で開かれたサッカーのパンダカップで、優勝したU-18韓国代表選手の不適切な行為が物議を醸す中、中国のスポーツメディアの新浪体育は30日、韓国チームが宿泊したホテルスタッフから不満の声が出ていたことを伝えた。写真はパンダカップ2019。

Record China
2019年5月31日 13時40分
続きを読む

ランキング