Record China

ヘッドライン:

マクドナルドが牛丼セット販売! 吉野家が黙っていなかった―中国

配信日時:2019年6月5日(水) 11時20分
拡大
中国メディアの北京青年報は4日、「マクドナルドが牛丼販売、吉野家が黙っていなかった」と題する記事を掲載した。

記事によると、このほど中国のネット上で、マクドナルドが牛丼セットの販売を始めるとの情報が画像付きで出回った。画像を見ると、「和風牛丼セット」と名付けられた商品は、牛丼にポテト、ドリンクが付いてくるようだ。北京青年報の記者がマクドナルドに確認したところ、5日からこのセットを北京の店舗で販売するとのことだった。

この情報に、ネットユーザーからは驚きの声が上がったが、中国で店舗展開する牛丼専門店の吉野家もこれに反応。中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の北京吉野家の公式アカウントはマクドナルドの同セットの画像をシェアし、「なんてことだ!これはうちが120年もやってきたものだ。なんだ、私は孤独ではなかったんだ」とコメント。さらに、携帯電話の絵文字と共に「もしもし!お母さん。僕にはもしかして離れ離れになった兄弟がいるんじゃない?麦野家(「麦」はマクドナルドの中国語の「麦当労」から)っていうさ。僕、見つけちゃったみたい」と続けた。

ネットユーザーからの「コラボ?」との質問に北京吉野家は「コラボはしていません。単なる美しい偶然です」と返信。また、別のネットユーザーからは「(マクドナルドに対抗して)ポテトやアイスを販売すれば?」といったアドバイスも寄せられたという。

記事は専門家の話として、「今回のマクドナルドの牛丼セットは吉野家をターゲットにしたものではない。近年、マクドナルドやケンタッキーなどの欧米のファストフードはローカライズ戦略を加速させている。ケンタッキーは早くからローカライズに取り組んできたが、マクドナルドは踏み出すのがやや遅れた。牛丼セットも差別化の試みの一つだろう」と伝えている。(翻訳・編集/北田
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング