天安門事件30周年、台湾や香港で追悼集会開催

配信日時:2019年6月4日(火) 16時20分
天安門事件30周年、台湾や香港で追悼集会開催
画像ID  1097189
4日で1989年の天安門事件から30年を迎えることを受け、台湾や香港では追悼集会が開かれた。
4日で1989年の天安門事件から30年を迎えることを受け、台湾や香港では追悼集会が開かれた。

香港では3日夜、香港市民愛国民主運動支援連合会(支連会)などを含む42の団体が合同で「故人と未来のために闘い続ける」とする声明を発表した。支連会は毎年6月4日にヴィクトリアパークで追悼の意を込めたキャンドルナイトを開催しているが、仏メディアのラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)によると、30年の節目である今年の参加者は例年と比べて増加したという。

台湾では2日、台北市内で台湾団結連盟など31の独立派団体が合同で集会を開催した。台湾でも、毎年6月4日に人権団体などによって追悼集会が開かれてきた。今回の集会には、事件当時に北京大学法学部の講師を務めていた亡命作家の袁紅冰(ユエン・ホンビン)氏らが参加したという。

なお、中国本土では現在のところ大きな混乱は起きていないようだ。(翻訳・編集/岩谷)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Ken***** | (2019/06/05 11:35)

    香港で追悼集会が何事もなく行われたことに安堵。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Yam***** | (2019/06/04 22:15)

    天安門暴動の鎮圧中に死傷者が多数出たことは遺憾だが、当時の中国政府としてはやむを得なかったのだろう。性急な民主化運動は、当時の中国社会にはそぐわなかったことは私でも理解できた。実際それから数十年後にオバマが焚きつけた中東と北アフリカの民主化運動の結末を見ればわかる。国づくりの初期においては、ある程度の強い中央集権政府の下で、十分に時間かけて国体と国民を育てないと、国民主権の体制はできない。実際、オバマはそれを証明して見せた。日本は、徳川政権下で260年に渡って国体の基礎を作り上げ、明治政府による、段階的民主化が図られたのだ。そして、米国の統治で自由民主主義体制を実現したわけだ。つまり、今の日本の国体は、約400年かけて日本人が多大の犠牲を払って完成させたと言えるのだ。中国は、国づくりを始めて、まだ約70年しか経ていない。少し拙速な印象を受ける。辛抱強く数百年かけて新しい中国を創れば良い。
    このコメントは非表示に設定されています。
    2 6
  • Tom***** | (2019/06/04 17:13)

    香港や台湾でも、そのうち開けなくなるだろう。あのウーアルカイシですら、今は政治よりも台湾でビジネスを成功させることが夢らしい。みんな民主より金なのだ。 「幸せは金でしか手に入らない」「金以外に人類を救い豊かにするものがない」と漫画で言ってたが、日本でも「民主より金」のシンガポールを大絶賛する人が増えている。だがシンガポール人は一生涯をそこで豊かに暮らすより、自由を求めて欧米などに移民することを選んでいるようだ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事