Record China

ヘッドライン:

日本はF-35が墜落したのになぜさらに105機購入するのか=中国軍少将「トランプを喜ばせるため」

配信日時:2019年6月4日(火) 20時50分
拡大
4日、最新鋭ステルス戦闘機F-35の墜落事故が起きる中、日本はなぜ同機をさらに105機購入するのかについて、中国国防大学戦略研究所長の経歴を有する金一南少将は「トランプ米大統領を喜ばせるため」との見方を示している。写真はF-35。

2019年6月4日、中国中央人民ラジオ(CNR)のニュースサイトによると、最新鋭ステルス戦闘機F-35の墜落事故が起きる中、日本はなぜ同機をさらに105機購入するのかについて、中国国防大学戦略研究所長の経歴を有する金一南(ジン・イーナン)少将は「トランプ米大統領を喜ばせるため」との見方を示している。

トランプ米大統領は5月27日、国賓として訪問した日本で、日本政府がF-35を105機購入すると発表し、「これにより、日本は米同盟国の中で最大のF-35部隊を擁することになる」と述べた。

日本では4月9日、航空自衛隊三沢基地所属のF-35A戦闘機1機が三沢基地の東、約135キロの太平洋上空で訓練中に墜落するという事故が起きている。

F-35の墜落事故が起きる中、日本がさらに同機を105機購入することについて、金少将は「日本がそうする政治的な意味は、軍事的な意味より大きい。それは主にトランプ氏を喜ばせるためだ」とした。

そして「米国は中国だけでなく日本にも不満を抱いている。日本は米国の不満を消し去るため、できるだけトランプ氏を喜ばせようとしている。日本は、米国との関係を和らげるため、昨年11月と12月にF-35を105機購入すると発表している。日本がずる賢いのは、トランプ氏の訪日に合わせて古いカードを切ってきたことだ」とした。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国海軍はすでに世界一? 専門家「貧乏な米海軍が泣き言」

米国では、中国の海軍力はすでに世界最大とする主張が出ている。中国海軍の金一南少将は、同主張には「貧乏な米海軍の泣き言」の側面があると主張した。予算獲得に苦労する米海軍が、中国海軍力の脅威をことさらに強調との主張だ。写真は中国の南海艦隊。

Record China
2019年2月18日 7時10分
続きを読む

ランキング