Record China

ヘッドライン:

中国のハーゲンダッツで誤って食品サンプルを提供、子どもが食べて気付く=中国ネット「巨額の賠償請求をすべき」

配信日時:2019年6月4日(火) 21時50分
拡大
4日、新浪財経は、中国にあるハーゲンダッツの店舗で誤って食品サンプルを提供し、子どもが半分近く食べてしまったと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

2019年6月4日、新浪財経は、中国にあるハーゲンダッツの店舗で誤って食品サンプルを提供し、子どもが半分近く食べてしまったと伝えた。

2日、浙江省杭州市の西湖付近にある店で買った木の実ヨーグルトを江(ジアン)さんの子どもが食べたところ、ヨーグルトがシリコン製の食品サンプルで本物のヨーグルトではないことに気が付いたという。

子どもは、ヨーグルトの上部にあった木の実をすべて食べた後、下のヨーグルト部分がすくえないと母親に報告。この時にヨーグルトが本物ではないことに気付いた。江さんはすぐに子どもを連れて店にクレームをつけたが、店側によると、ヨーグルトは長時間ショーケースに入れておくべきものではないので、サンプルを陳列しているが、当時は客が多く混雑しており、不慣れな店員が誤ってサンプルを販売してしまったという。

子どもの健康を心配した江さんは病院で検査を受けさせたが異常はなかった。江さんは1年間の子どもの健康状況について責任を負うようハーゲンダッツ側に要求。ハーゲンダッツ側は謝罪の気持ちを示し、その後、双方は和解したという。

これに対し、中国のネットユーザーから「巨額の賠償請求することを支持する」「これが外国だったら相当な額の賠償金が必要」「米国なら数百万は取れるな」など、賠償金を請求すべきとのコメントが多く寄せられた。

しかし、「子どもに何の問題も出なかったのだからそれでいいだろう」「話の分かる親で良かったね」との意見や、「どうやって和解したんだ?ハーゲンダッツが生涯無料なのか?」というユーザーもいた。(翻訳・編集/山中)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

「下水油」を使った飲食店関係者が起訴される、被告側「伝統的な技法だ」と反論するも敗訴

澎湃新聞などの中国メディアは20日、火鍋店関係者が客に出す料理に「下水油」を使ったとして訴えらえていた裁判で、被告代理人の弁護士が「伝統技術の継承だ」と主張したと紹介する記事を発表した。弁護士の主張は認められず、被告には有罪判決が言い渡された。

Record China
2018年10月21日 20時10分
続きを読む

ランキング