アフリカ2カ国で集落の長となった中国人、ネットで話題に=「すごいな」「どうやってなれたのか知りたい」

配信日時:2019年6月8日(土) 13時40分
アフリカ2カ国で集落の長となった中国人、ネットで話題に
画像ID  1097086
新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は2日、ナイジェリアとガーナの2カ国で集落の長となった中国人男性について紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は2019年6月2日付で、ナイジェリアとガーナの2カ国で集落の長となった中国人男性を紹介した。

記事によると、河南省出身で1980年代生まれの鄭暁鵬(ジョン・シャオポン)さんはこのほど、ナイジェリアとガーナの集落で長に就任した。複数の集落で長をかけ持つのはアフリカで初めてという。ナイジェリアではイボ人の王から「王室専用カード」が授与され、王室同様の待遇を受けている。また、地元の問題に参与する権利を有しており、人々から敬われているという。

鄭さんは、「アフリカで中国の同胞が困難に直面したら、自分の身分とアフリカ20カ国で通用するカードを利用して、支援の手を差し伸べることができる」と説明した。鄭さんはアフリカで会社を経営しており、現地の子どもたちの就学を援助したり、就職問題解決の支援なども行っており、「中国とアフリカのコミュニケーションの懸け橋になりたい」と述べている。

中国のネットユーザーから「この若者はすごいな」「他人を援助しているのだから当然の褒賞だろう」「いったいどうやってなれたのかを知りたい」などのコメントが寄せられた。一方で、「それでも(待遇は)中国の村長には及ばないな」という意見もあった。(翻訳・編集/山中)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事