米国の味方は誰もいなかった?アジア諸国が「対中攻撃」に共感しない理由―米メディア

配信日時:2019年6月5日(水) 5時40分
米国の味方はいない?アジア諸国が「対中攻撃」に共感しない理由―米メディア
画像ID  1097060
米ブルームバーグは2日、「2019年のアジア安全保障会議で、米国はアジア諸国から集団的な抵抗をもって迎えられた」と報じた。
米ブルームバーグは2日、「2019年のアジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)で、米国はアジア諸国から集団的な抵抗をもって迎えられた」と報じた。3日、中国メディア・環球時報が伝えた。

5月31日~6月2日にかけてシンガポールで開催されたアジア安全保障会議には、日本や米国、中国、韓国、オーストラリア、東南アジア諸国の政府高官や防衛当局者らが参加した。

記事は、「会議に参加した中国人民解放軍の官僚たちは、今回もこれまでと同様、米国が同盟国を引き連れて中国に猛攻撃を浴びせ、中国に単独でその批判に反撃させるものだろうと思っていた。しかし今年は、米国政府が全世界の経済発展を危険にさらすような過激な行動に乗り出したことによって、アジア諸国の首脳らはトランプ政権の中国に対する攻撃姿勢に批判を浴びせた」と指摘した。

記事は、シンガポールのリー・シェンロン首相が基調演説で「米国はファーウェイの脅威を控えめに扱い、中国の台頭を受け入れるべき」と述べたことや、ミャンマーの政府関係者が「米国が中国の一帯一路プロジェクトについて債務のわな外交だと主張しているのは大げさだ」と指摘したことに触れた上で、「大多数が米中貿易戦争の終結を望んでいる」とした。加えて、シンガポールのウン・エンヘン国防相による「現在の国際秩序は危機に瀕しているが、ここまで何とか守られてきた秩序を無差別に台無しにすることは非常に愚かだ」という旨の発言を紹介した。

続いて、「米中の間で、(アジア)諸国は5G通信にファーウェイ設備を利用したり、深海港や高速鉄道の建設に中国資本を取り入れたりすることを防ごうとする米国の圧力を受けている」と説明。しかし、ある専門家が「アジア諸国は、自国の国家安全について慎重であっても、非常にプラグマティックな考え方をしている」「特にコスト面で、中国はインフラ開発についてより魅力的な提案をしている」などと指摘したことを紹介し、「米国は『インフラ基金』をつくり『自由で開放的』という文句を掲げて中国と競争しようと画策しているが、それでもアジア諸国のニーズを満たすには不十分だ。その上、米国は他国に過剰な政治的条件を突きつけている」と指摘した。

記事は実際に、ミャンマーのインフラ建設への投資を世界銀行や国際的な金融組織が拒否する中、中国だけが受け入れたことを指摘。ミャンマーのタウン・トゥン国家安全保障顧問は「資金調達を受け入れるかを決定するのは結局中国ではなく、受注国だ」と発言し、中国が戦略的利益のために債務を負わせるという意見を否定したことを伝えた。

さらに記事は、「同様の状況がファーウェイ5Gをめぐる問題についても見られる」と指摘。マレーシアのマハティール首相が30日、「われわれはファーウェイの技術をできる限り利用する」と発言したことや、フィリピンの政府当局者が「米国のアップルもファーウェイと同様、セキュリティ上のリスクがある可能性がある」という旨の発言をしたことに触れ、「米国のファーウェイに対する誹謗(ひぼう)中傷をアジア諸国は真に受けていない」と論じた。(翻訳・編集/岩谷)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2019/06/06 15:24)

    19世紀以降の世界の覇権国で自ら求めて覇権国になれた国はない。みな他国の支持ないし黙認を受けて覇権国となった。イギリスは自ら政治的覇権を求めたことはなく、経済的利益を追求しているうちにいつの間にか覇権国となった。アメリカは第一次世界大戦で事実上の覇権国となったが、世界の要請にも拘わらず覇権国となることを拒否、その結果第二次世界大戦を招いた。19世紀以降、ナポレオンのフランス、プロイセンドイツ、ナチスドイツ、帝政ロシア、大日本帝国、ソ連、すべて自ら覇権を求めて自滅し滅亡した。第二次世界大戦後、アメリカは覇権国としての責任を引き受けたが、初心を忘れ、覇権欲を出して失敗したのがベトナム戦争である。ブッシュ・ジュニア政権とトランプ政権はベトナム戦争の教訓に十分学ばず世界に混乱を拡散している。中国は以上の教訓を全く学ばず、19世紀以来の自ら求めての覇権を2周遅れで目指しているように見える。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Ken***** | (2019/06/05 15:51)

    ヨーロッパ(EU)がもっと強固な勢力として存在できていれば、中国の増長を牽制できるのにな。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 五郎助***** | (2019/06/05 09:52)

    「一帯一路」と同じだ。油断させ、経済やインフラを掌握された後に、それに気づく。 アジアどころか、主力企業・インフラ支配に気づいたドイツでさえ、まだファーウェイを切る気にならないという愚かさ。この代償は高くつくだろう。ひょっとすると、いま韓国が直面している問題よりも、さらにひどい結果になるかもしれない。 まあ、米国も、「史上最低の大統領」の名を冠したオバマのせいで、中国に食い荒らされたからな……。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事