Record China

ヘッドライン:

「中国は修正主義大国で国際システムを破壊」、米国の非難に中国外交部がコメント

配信日時:2019年6月4日(火) 13時20分
拡大
米国防総省が1日発表した「インド太平洋戦略報告書」で中国を「修正主義大国で国際システムを破壊」と非難した問題をめぐり、中国外交部の耿爽報道官は3日、「受け入れられない」と不快感を示した。写真は中国外交部。

米国防総省が1日発表した「インド太平洋戦略報告書」で中国を「修正主義大国で国際システムを破壊」と非難した問題をめぐり、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は3日、「受け入れられない」と不快感を示した。

この日の定例記者会見で中国側の見解を求められた耿報道官は、「いわれのない非難であり、完全に受け入れは不可能。いわゆる『修正主義大国』や国際システムの破壊というレッテルは中国に貼られるものではない」と発言。「中国は終始、国際秩序の擁護者だ」と述べ、「国連憲章」の趣旨と原則を核心とする国際秩序と国際システムを引き続き守るとの考えを示した。

耿報道官はまた、米国について「やたらと規則、秩序と言うが、行動上は一国主義、保護主義、いじめ主義を実行している」と主張。パリ協定などからの離脱に言及した上で、「米国は世界貿易機関(WTO)の重要メンバーでありながら多国間貿易ルールに公然と背き、関税というこん棒を頻繁に振り回している。国際ルールや国際機構について『合えば利用し合わなければ捨てる』ということをするのは誰なのか、国際社会ははっきりと分かっている」と指摘した。(野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

選択迫られる韓国、ファーウェイ排除の次はインド太平洋戦略、「米中間の戦略的曖昧性が限界に」と韓国紙

中国の通信機器最大手、ファーウェイ排除に続き、米国が韓国に「インド太平洋戦略」への参加を提案した。中国の反発は必至で、韓国紙は「韓国は選択を迫られている」「米中間の戦略的曖昧性が限界に」と憂慮している。写真はファーウェイ。

Record China
2019年6月2日 14時20分
続きを読む

ランキング