元農林水産省事務次官の息子殺害、「周囲に迷惑が掛かるから」が中国で大きな注目

配信日時:2019年6月4日(火) 11時30分
元農水省事務次官の息子殺害、「周囲に迷惑が掛かるから」が中国で注目
画像ID  1097045
3日、新浪新聞の微博アカウント・微天下は、日本の元農林水産事務次官が自身の子を刺殺した動機について「暴力的で、他人に危害が及ぶのを恐れた」と供述したと報じた。
2019年6月3日、新浪新聞の微博アカウント・微天下は、日本の元農林水産事務次官が自身の子を刺殺した動機について「暴力的で、他人に危害が及ぶのを恐れた」と供述していると報じた。

同アカウントは、元農林水産事務次官の熊沢英昭容疑者が1日、44歳の息子を刃物で刺して死亡させたと紹介。その動機について「息子は暴力的であり、周囲の人に面倒を掛けてはいけないと思い殺した」と供述していると伝えた。

また、死亡した息子について同容疑者が「近ごろ実家に戻り、仕事をせずに毎日インターネットをしていた。先日近所の学校で運動会があった際に騒音をめぐって口論になった」と明かしたうえで、先日神奈川県川崎市で発生した刺殺事件を知ったことで「息子が他人に危害を与えるのではないかとさらに心配になった」と語ったことを紹介した。

この事件について、中国のネットユーザーは「何と言っていいか分からないが、やっぱり人を殺すのは駄目だと思う」「どうしてこうなるまで我慢してしまったのか」「いわゆる日本の『いい父親』だったんだろうな」といった感想を残している。

また、「日本人は他人に迷惑を掛けないというけれど、そのためにわが子をあやめるというのは初めて聞いた」「他人に迷惑を掛けないという日本人の精神が極致に達した」など、日本人の気質が招いた悲劇との見方を示すユーザーも多く見られた。

さらに「みんな父親のことを責めているけれど、私は責めきれない」「もし自分の息子が反社会的な人格を持っていたらどうすべきか、ということは自分も考えたことはある」など、同容疑者に同情を見せるようなコメントも散見される。(翻訳・編集/川尻

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Yam***** | (2019/06/04 21:56)

    数十年前に似たような事件があったのを思い出した。高齢の大学教授が、家庭内暴力の息子を就寝中に金属バットで殴り殺した事件だった。記憶は曖昧だが、正当防衛は認められず、有罪になったが、高齢でボケも多少進んでたために執行猶予になったと思う。判決理由で裁判官は、警察などに相談する方法があったのだから、動機は短絡的で認められないと説明してたね。ただ、なかなか他人と相談できないのが家庭内問題だ。今回の次官殿も警察の相談すればよかったのではないかと簡単に言えるが、羞恥心、愛情、憐れみなどの心情で一人で問題を抱えてしまったのかも。特に報道はないが、私の経験から、こういう子供はすぐに自殺してやると親を脅かしたりするもんだ。親と子の愛憎の関係は、他人では計り知れないのだ。批判するのは簡単だ。実際にこの父親を糾弾してる輩は多い。しかし、なぜこのような事件は繰り返されるのか。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/06/04 11:42)

    >近ごろ実家に戻り、仕事をせずに毎日インターネットをしていた そんなニートの引きこもりは日本中に数百万人(推定)いるが、家族に殺されたのは初めてである。人を殺して『周囲の人に面倒を掛けてはいけない』なんて言い訳は図々しい。そんな理由で減刑されるなら、他にも殺して構わない人間がいることになる。むしろ殺人を〈正当化〉する態度に、情状酌量の余地はないと言える。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事