【動画】中国の軍艦3隻が突然シドニーに、海外メディア驚き―中国メディア

配信日時:2019年6月4日(火) 12時10分
中国の軍艦3隻が突然シドニーに、海外メディア驚き―中国メディア
画像ID  1097026
3日、環球時報は、中国海軍の軍艦3隻が突然オーストラリアのシドニーに寄港したことで、国外メディアから驚きの声が出たと報じた。
2019年6月3日、環球時報は、中国海軍の軍艦3隻が突然オーストラリアのシドニーに寄港したことで、国外メディアから驚きの声が出たと報じた。

記事は、豪紙シドニー・モーニング・ヘラルドの報道として、中国海軍の軍艦3隻と海軍兵士700人余りがシドニーに到着し、友好訪問を行ったと紹介。軍艦3隻の内訳はミサイル護衛艦1隻、総合補給艦1隻、揚陸艦1隻となっており、いずれもオペラハウスから数百メートルの場所にあるガーデンアイランド海軍基地に4日間停泊する予定だと伝えた。

そして、英紙ガーディアンなどの外国メディアが「豪政府は事前に中国軍官訪問の情報を発表しておらず、今回の訪問は大きなサプライズとなった」と驚きをもって報じたことを伝えている。

また、豪政府関係者が今回の訪問について「中国海軍第31次護衛艦隊がソマリア・イエメン間のアデン湾海域にて実施していた海賊対策任務終了後の寄港であり、あらかじめ計画されていたもの」と語り、スコット・モリソン豪首相も「豪海軍の艦艇もすでに中国を訪問しており、今回の訪問は対等な答礼訪問だ。外部の人にとってはサプライズかもしれないが、豪政府にとっては完全に予定内の出来事だ」とコメントしたことを紹介した。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/06/04 12:20)

    アメリカがレアアースの輸出国を、中国からオーストラリアに変更したことで焦っているのだ。かつて尖閣諸島問題のとき、日本にレアアース禁輸で対抗したが、それが失敗したことを覚えているのだろう。日本に対して効果がなかった作戦を、アメリカに使うとは笑止千万である。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事