続く米中貿易戦争、韓国経済に大打撃?=韓国ネットからは「貿易戦争は言い訳」の指摘

配信日時:2019年6月4日(火) 12時30分
米中貿易戦争で韓国経済に大打撃?=韓国ネット「貿易戦争は言い訳」
画像ID  1096911
3日、韓国・聯合ニュースは「世界1、2位の経済大国である米国と中国の貿易戦争が続く中、主要国のうち韓国に大きな影響が出ている」と伝えた。資料写真。
2019年6月3日、韓国・聯合ニュースは「世界1、2位の経済大国である米国と中国の貿易戦争が続く中、主要国のうち韓国に最も大きな影響が出ている」と伝えた。

経済協力開発機構(OECD)の資料によると、韓国の今年1~3月期の輸出は1386億ドル(約15兆円)で、前四半期に比べ7.1%減少した。減少幅は主要20カ国・地域(G20)諸国で最大だった。韓国に次いで減少幅が大きかったのはブラジル(6.4%減)で、ロシア(4.4%減)、インドネシア(4.3%減)、日本(2.3%減)と続いた。一方、貿易戦争で世界の貿易市場を揺るがしている米国(0.7%増)と中国(3.9%増)は、むしろ輸出が増えたという。

韓国は輸入(1252億ドル)も前四半期より7.7%減少し、G20で2番目に大きい減少幅を記録したという。減少幅が最大だったのはインドネシア(15.3%)で、ブラジル(6.4%減)、日本(4.7%減)、インド(4.0%減)となった。米国の輸入は1.9%減で、特に対中輸入は12%急減した。中国は0.5%の減少だった。

前年同期との比較でも、韓国の輸出減少幅は8.1%で、G20だけでなくOECD加盟国の中でも最大を記録したという。

韓国の産業通商資源部によると、5月の韓国の輸出は前年同期比9.4%の減を記録し、輸出の減少は昨年12月から続いている。記事は「今後の見通しも明るくはない」と指摘している。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「貿易戦争は言い訳に過ぎない。最大の原因は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の反企業政策により企業の対外競争力が落ちたことだろう」「文大統領のせいだよ。また米中のせいにしてとぼけるのか?」「韓国政府がメディアを脅して米中のせいにしてるんだろ」「大統領を選び間違えた」「韓国は経済が輸出で維持されている国なのに、あんな外交で輸出がうまくいくとでも?」「米中に全く輸出していない企業も赤字転落している」など、大統領への不満の声が殺到している。(翻訳・編集/麻江)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事