Record China

ヘッドライン:

グーグル系サービスに大規模エラー発生=中国ネットは「ファーウェイ5Gを導入すれば?」

配信日時:2019年6月3日(月) 18時50分
拡大
中国の動画メディア・梨視頻の中国版ツイッター・微博アカウントは3日、グーグルの関連サービスで米国時間2日、世界規模の通信障害が起こったことを報じた。写真はグーグル。

中国の動画メディア・梨視頻(Pear Video)の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントは3日、グーグル(Google)の関連サービスで米国時間2日、世界規模の通信障害が起こったことを報じた。

グーグルクラウドのホームページ、「グーグルクラウドプラットフォーム」によると、米国東部時間2日の午後0時53分から午後4時56分にかけて、グーグルクラウドで通信障害が発生し、ユーチューブ(YouTube)やジーメール(Gmail)などといったグーグル系のサービスで接続エラーや情報を更新できないといった事象が起きた。ネットワークの問題をモニタリングするダウンディテクター(Downdetector)によると、グーグルクラウドの障害は米国東海岸と南米、欧州の一部など、世界各地で発生したという。

グーグル系サービスのダウンはツイッター(Twitter)上で話題となり、ネットユーザーからは他にも、バックエンドでグーグルクラウドを使用するディスコード(Discord)やスナップチャット(Snapchat)といったサービスにもその影響が出たと指摘された。グーグルは今回の通信障害の原因を「米国東部で起こったネットワークの混雑」とし、「この問題について内部調査を実施し、今後の再発防止に努める」と表明した。

このニュースを受けて、グーグル系サービスやツイッターが利用できない中国のネットユーザーからは、「どうせ私たちとは関係ないもんね」「4時間もネットが使えないのは大変すぎる。中国にグーグルが入ってこなくて良かった」「グーグルが中国で使えない本当の理由がわかった。人口が多すぎて支えきれないんだ」などといった皮肉めいたコメントが寄せられた。

また、米中5G争いにおいて米国が中国の大手通信企業・ファーウェイを「安全保障上の懸念」を理由に排除していることを受けて、「グーグルはファーウェイのサービスを排除して脆弱になったんじゃないのか?これじゃ雨が降ってもサーバーダウンしそうだ」「グーグルはファーウェイの5Gを導入するべきでは?」などとやゆする声が上がったほか、「英国で一部の事業者がファーウェイと提携して5G通信を実現したのとは対照的だな」「グーグルクラウドが倒れても中国にはクラウドサービスがたくさんある。協力すれば良いのに」などと指摘するコメントも見られた。(翻訳・編集/岩谷)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

米中覇権争いで進む「世界経済ブロック化」、戦前の悪夢再来か?=米国が中国IT企業排除も、欧州は「一帯一路」に踏み出す―日本の役割重要に

米トランプ政権が保護主義的な政策を推進。米中間の貿易戦争や次代覇権争いが激化し、「世界経済ブロック化」危機が進行している。ベルリンの壁の崩壊から30年近くが経過した今、今度は米国と中国の間の緊張が高まっている。

八牧浩行
2019年4月6日 6時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング