米中貿易摩擦が高まり、世界経済は危険な場所に―中国メディア

Record China    2019年6月4日(火) 7時20分

拡大

3日、中国メディアの環球網は、「米中貿易摩擦が高まり、世界経済は危険な場所に」と題する記事を掲載し、関連する海外メディアの報道を紹介した。資料写真。

2019年6月3日、中国メディアの環球網は、「米中貿易摩擦が高まり、世界経済は危険な場所に」と題する記事を掲載し、関連する海外メディアの報道を紹介した。

米CNBCの先月29日付報道によると、欧州中央銀行(ECB)は、世界経済の成長に対する不確実性が高まるにつれ、金融市場での「ハイボラティリティ」につながる可能性があると警告した。

ECBは、ユーロ圏の安定への潜在的なリスクの評価を提供する金融安定性レビュー(FSR)で、予想を下回る成長と貿易摩擦の高まりが、資産価格のさらなる下落を引き起こす可能性があると警告している。

ECBのデギンドス副総裁は、現在の世界経済の減速の文脈の中で貿易摩擦が高まることは、世界経済にとって「非常に悪いニュース」になるだろうと述べている。

ロイター通信によると、経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長は、米中の貿易摩擦の高まりにより「世界経済は危険な場所にある」とし、「かつてないほど世界の他の地域を襲っている」と警告している。

OECDは、2019年の世界経済見通しを、金融危機前の約5%より低い前年比3.2%に引き下げた。その主な理由が貿易摩擦だ。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携