レアアース、制限されれば米国に即時解決策はない―中国メディア

配信日時:2019年6月4日(火) 8時20分
レアアース、制限されれば米国に即時解決策はない―中国メディア
画像ID  1096823
3日、参考消息網は海外メディアの記事を引用し、「レアアースの供給を中国が制限すれば、米国は短期間では解決策を見いだせない。米国内でのレアアース精錬・加工にはある程度時間が必要」と伝えた。資料写真。
2019年6月3日、参考消息網は海外メディアの記事を引用し、「レアアースの供給を中国が制限すれば、米国は短期間では解決策を見いだせない。米国内でのレアアース精錬・加工にはある程度時間が必要」と伝えた。

ロイター通信は5月31日付で、米国はレアアース輸入の80%を中国に頼っていることを説明。その理由は、中国のレアアース精錬加工技術はトップレベルであるからだとしている。記事によると、米国のレアアース加工工場建設計画は初期段階にあり、現在、少なくとも3社の米国企業がレアアース加工工場を建設中、または計画中だ。関係者によると、そのうちの1社であるカリフォルニア州マウンテン・パスの加工工場は来年の操業開始予定で、実現すれば米国で唯一操業するレアアース加工工場となる見通しだ。

ブルームバーグが31日付で報じたところによると、米国唯一のレアアース生産業者はMPマテリアルズだ。その大株主であるJHLキャピタル・グループのCEOは、MPマテリアルズが米国の供給の穴を埋めるには「ある程度時間が必要。アジアのサプライチェーンは非常に複雑で、『われわれがレアアースを生産できるかどうか』というテーマよりも難しい問題」と話しているという。

また、ブルームバーグは自社のアナリストが「もしレアアースの供給に制限が設けられたら、短期間で実行可能な選択肢はない」と指摘したことを伝えている。

ロイター通信社はその他2社の状況について伝えた。テキサス州拠点の化学製品企業ブルーライン・コープとオーストラリアのレアアース生産大手ライナスは共同で、レアアース処理プラントを建設することで合意。しかし、ブルーライン・コープのCEOはこの案件のコストについては公表しておらず、また、どの程度の加工能力を有するかも明確にしていない。ただ、処理プラントの完成には少なくとも3年はかかるとの見方を示しているという。

また、テキサス・ミネラル・リソーシズはテキサス州西部でレアアース鉱床の開発を計画しているという。開発コストは3億ドル(約324億円)を超えるとされている。記事によると、年間約730万トンの鉱石を採掘し、併設する加工施設でレアアース年間約3325トンを生産する考え。操業は早くても22年になるもようだ。(翻訳・編集/和田)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事