Record China

ヘッドライン:

仏ピノー家、円明園流出の十二支像を中国に寄贈へ―中国

配信日時:2013年4月29日(月) 11時58分
拡大
26日、雑誌・文物天地は記事「仏ピノー家、円明園流出の十二支像を中国に寄贈へ」を掲載した。写真は十二支像のネズミとウサギ。宋副局長に返還を表明するピノー会長。
(1/3枚)

2013年4月26日、雑誌・文物天地は記事「仏ピノー家、円明園流出の十二支像を中国に寄贈へ」を掲載した。

その他の写真

高級ブランドのグッチやイブ・サンローランを旗下におくフランス小売大手・PPRのフランソワ・アンリ・ピノー会長が、オランド仏大統領とともに中国を訪問。26日、中国国家文物局の宋新潮(ソン・シンチャオ)副局長と会談し、北京市の円明園から流出した十二支像のネズミとウサギの頭部像を返還すると表明した。

十二支像は第二次アヘン戦争(アロー戦争)で流出したもの。ネズミとウサギの頭部像はフランスのデザイナー、故イブ・サンローラン氏が所有していたが、その死後の2009年、遺品オークションに出品された。

中国人入札者が3140万ユーロ(約40億円)で落札したが、もともと中国のものだったと支払いを拒否し、世界的なニュースとなった。中国でも流出文化財の返還を求める声が広がるなど社会的な関心事となった。現在、日本で公開中のジャッキー・チェンの新作映画「ライジング・ドラゴン」もこの事件をモチーフとしている。

十二支像は今年後半にも中国に到着する予定。宋副局長は中国国家博物館が所蔵することになるだろうと話している。返還により全12体のうち7体までが中国本土に集まる。残る5体のうち竜は台湾にあり、へび、羊、とり、犬は所在が判明していない。(翻訳・編集/KT)

関連記事

<中仏>20年前の動物像はわずか15万円、「中国人富豪を狙った陰謀」説広まる―中国

2日、清朝末期に北京の「円明園」から略奪されたネズミとウサギの頭部のブロンズ像がパリで競売にかけられ、計39億円で落札された問題で、中国の専門家は「落札額が高すぎる」と疑問の声をあげている。写真は2体を落札した蔡銘超氏。「金は払わない」と話している。

Record China
2009年3月3日 11時50分
続きを読む

ランキング