中国海警船の尖閣沖接続水域航行が52日連続で過去最長に、「中国の立場はっきり」と中国メディア

配信日時:2019年6月3日(月) 12時30分
中国の尖閣沖接続水域航行が過去最長に、「中国の立場はっきり」と中国メディア
画像ID  1096794
2日、中国メディア・観察者網は、「中国海警船が52日連続で尖閣沖の接続水域を航行した」との日本メディアの報道を取り上げ、「巡航に関して中国の立場ははっきりしている」と論じた。写真は中国海警船。
2019年6月2日、中国メディア・観察者網は、「中国海警船が52日連続で尖閣沖の接続水域を航行した」との日本メディアの報道を取り上げ、「巡航に関して中国の立場ははっきりしている」と論じた。

記事は、尖閣諸島沖合いの接続水域を中国海警局の船が国有化以降、最長となる52日連続(今月2日時点)で航行したことを報じるNHKの報道を紹介。海警局の先月30日の「中国海警2305艦艇編隊が釣魚島(日本名:尖閣諸島)周辺の領海内を巡航した」とのツイートに言及した上で、「中国海警船編隊の釣魚島領海での巡航に関し、中国の立場ははっきりしている。釣魚島とその付属島しょは中国固有の領土で、海警船編隊のこの海域での正常な巡航・法の執行は中国固有の権利だ。中国海警船はすでに常態化巡航を実現させている」と指摘した。(翻訳・編集/野谷
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事