台湾分離なら戦争も辞さずと中国国防相―中国メディア

配信日時:2019年6月3日(月) 17時50分
台湾分離なら戦争も辞さずと中国国防相―中国メディア
画像ID  1096787
2日、看看新聞は、中国の魏鳳和国務委員兼国防相が、台湾分離なら戦争も辞さないと語ったことを伝えた。資料写真。
2019年6月2日、看看新聞は、中国の魏鳳和(ウェイ・フォンホー)国務委員兼国防相が2日、シンガポールで行われたシャングリラ会合(アジア安全保障会議)で演説し、台湾独立を図れば「一戦交えることも辞さない」と表明したことを伝えた。

記事によると、魏国防相は台湾問題について「中国の主権と領土」に関わる問題であり、「世界のどの国も自国の分離を容認しない」と強調。昨年、米国を訪問した際に米国の友人が、「リンカーンが米国史上最も偉大な大統領となったのは、南北戦争に勝利し、米国の分裂を防いだからだ」と語ったことを紹介し、「米国の統一が不可欠であったのと同じように、中国の統一も不可欠だ。中国は統一しなければならないし、統一は不可避だ。統一しない道理がどこにあるだろうか?」と主張した。

さらに魏国防相は、「台湾を中国から分離させようとするなら、中国軍は一戦交えることも辞さず、一切の犠牲を払って戦い、祖国統一を擁護するという選択肢しかない」と語った。

そして、「民進党当局と干渉する外部勢力に対して言っておく。一つ目は、中国を分裂させようとする企みは成功しないということ。二つ目は、台湾問題に口を挟む者は必ず失敗するということ。三つ目は、中国軍の決意を侮ることは極めて危険であるということだ」と強調。「われわれは最大の誠意と努力で平和統一という将来を実現することを願っているが、武器の使用放棄を約束することは決してしない。国家統一を擁護することは軍隊の神聖な任務だ。中国人民解放軍が祖国統一を擁護できないのなら、解放軍はほかに何をするというのか?」と語った。(翻訳・編集/山中)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 774***** | (2019/06/04 08:32)

    <1874年の台湾出兵について> 1683年清国が台湾府を設置して全島を支配下に置く。1871年民間船が台風で漂着、先住民に拉致され宮古島島民54名が斬首される。1872年倉敷市の船が漂着し掠奪を受ける。アモイの在中国米国総領事は日本に対し「野蛮人を処罰すべし」と要請、1873年清国は日本の問い合わせに「生蕃(原住民)は化外(統治外)の民」と回答し責任回避。1874年5990名出兵。戦死12名だが熱帯のマラリアで561名が病死、延べ16000名が罹患するという大被害を受けた。戦費は400万両。これに対し清国政府は被害者に10万両、台湾統治に40万両の支出を行い、日本の出兵を認めた。この結果宮沖縄を清国が日本領と認めた事になり、日清戦争で割譲された。 人的物的被害から、割譲や賠償要求は戦勝国の権利だった。現在でも<国民の利益の為の戦争>は他国領土でも国家権利。それを国際条約が規制している
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本が***** | (2019/06/03 23:37)

    アハハ・・・まあ、これは私の勝手な想像だが、今の米中冷戦、トランプ大統領は、金融部門の為替問題についての一手をちらつかせてきたが、次の一手となると、台湾問題。これに手をつけたら、中国は断固として対応するという牽制も含んでいるだろう。まあ、既にトランプ大統領は台湾問題についてちょっかい出してるけどな(笑)。 まあ、今の状況では、台湾近郊に米軍の空母打撃群がうろちょろすると、以前の時と同じように、中国軍はすぐに逃げざるを得ないだろう。 皮肉を言わせてもらうが、どっかの防衛大臣のように、弱腰で過去と同じ轍を踏むよりは立派じゃないのかな(笑)?。毅然とした対応を出来ない、なんちゃら防衛大臣に、日本の国を守る力は無いですね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/06/03 18:03)

    >台湾を中国から分離させようとするなら、中国軍は一戦交えることも辞さず、一切の犠牲を払って戦い 魏鳳和自身が最前線に立つ覚悟がないなら、無責任なことを言うものではない。どうせ自分は弾丸が飛んで来ない安全な場所にいるつもりだろう。中国の政治家が真に恐れることは、国民が戦争で死ぬことではなく、国土と権力を失うことである。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事