世界的にも珍しい日本の「表札」の習慣はどこから来たのか―台湾メディア

配信日時:2019年6月3日(月) 9時0分
日本の「表札」の習慣はどこから来たのか―台湾メディア
画像ID  1096628
1日、台湾メディア・中国時報(電子版)は、「日本人はなぜ表札を玄関に掛けるのか」と題する記事を掲載した。資料写真。
2019年6月1日、台湾メディア・中国時報(電子版)は、「日本人はなぜ表札を玄関に掛けるのか」と題する記事を掲載した。

記事は、「日本のアニメやドラマを見ると、主人公の家の玄関には名字の書かれた表札が掛かっており、時には家族全員の名前が書かれていることもある」と紹介。「安全面の問題を心配しないのだろうか?なぜ日本人はほとんどの人が表札を掛けるのか?」と疑問を呈した。

その上で、「表札の起源は1923年、明治時代中期に始まった現代の郵便制度から来ている」と紹介。「当時、流動人口が多く、住所を頻繁に変える人も多かったため、郵便システムを順調に普及させることが難しかったが、大正時代に入って人々の経済状況が良くなるにつれ、郵便システムが浸透していった」と説明し、「当時は多くの人が一軒家に住んでいたため、郵便物の配達が便利なように、表札を掛ける習慣が出来上がったのだ」と伝えた。

さらに「大正時代に発生した関東大震災で、多くの家屋を再建することになり、郵便配達員がどこに誰が住んでいるのかはっきりと分かるように表札を掛けることが広まり、現在に至る」と解説した。

また、「古代では日本人の多くは名字がなく、19世紀に入って庶民も名字を持つようになったが、当時は名前だけの生活にすでに慣れており、字が読めない人もまだいたため、名字を持つことに無関心な人も少なくなかった」と紹介。「政府は全員が名字を使用することを強制し、徐々に名字を重視するようになった。その後、名字があることを誇らしく思うようになったため、玄関に名字を書いた表札を掛けることを光栄なことと見なすようになった」と解説している。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2019/06/05 13:19)

    日本の町人や農民が江戸時代に名字を持っていなかったというのはどうも間違いのようで、ただ公の場での使用を禁じられていただけであるらしい。明治になって多くの人は日常使っていた名字をそのまま登録したようである。日本の名字は、中韓の姓と異なり、鎌倉・室町期の新田開発とそれに伴い新たに発生した「ムラ」と関係があるという。この「ムラ」は異なる地域から集まった人々によって構成された非血縁集団で、自治的に運営されたようである(近世のアメリカの建国とよく似た状況と言える)。日本の名字の80%はこの時期の「ムラ」に関係して生まれたとのことである。(因みにヨーロッパにおけるfamily name の多くも中世に極めて類似した状況で生まれた模様である)。この点、中韓では「ムラ」は成立せず、中韓の村は古代の血縁集団がそのまま維持されたようである。彼らに姓が少ないのはそのためであるらしい。移住も村ごと行われた。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事