米国防長官代行「ファーウェイは中国政府に近すぎるので信用できない」―仏メディア

配信日時:2019年6月2日(日) 16時10分
米国防長官代行「ファーウェイは中国政府に近すぎるので信用できない」
画像ID  1096619
シャナハン米国防長官代行は1日、シンガポールで開かれている「アジア安全保障会議」で演説し、中国通信機器大手のファーウェイについて「中国政府や軍当局との距離が近すぎる」とし、同社製品を使った通信システムは「信用できない」と述べた。資料写真。
2019年6月1日、仏RFIの中国語版サイトによると、シャナハン米国防長官代行は1日、シンガポールで開かれている「アジア安全保障会議(シャングリラ会合)」で演説し、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)について「中国政府や軍当局との距離が近すぎる」とし、同社製品を使った通信システムは「信用できない」と述べた。

RFIによると、AFP通信はシャナハン氏の発言を伝えた上で、「ファーウェイの創業者の任正非(レン・ジョンフェイ)氏は中国人民解放軍の出身だ」「米商務省は5月、ファーウェイと関連約70社を『エンティティーリスト』に追加すると発表した。ファーウェイは米政府の許可なく米企業から部品などを購入することが禁止された」「米政府はファーウェイ社製品が中国の情報当局によるスパイ行為に使われる可能性があると主張している」などと伝えている。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事