中国国営紙編集長「中国はファーウェイのために米国に報復する」―露メディア

配信日時:2019年6月2日(日) 13時30分
中国国営紙編集長「中国はファーウェイのために米国に報復する」
画像ID  1096596
中国共産党系メディア、環球時報の胡錫進編集長は5月31日、ツイッターを更新し、米国が中国通信機器大手のファーウェイをブラックリストに入れたことについて「中国は大規模な報復措置を講じるだろう」とした。資料写真。
2019年6月1日、露通信社スプートニクの中国語版サイトによると、中国共産党系メディア、環球時報の胡錫進(フー・シージン)編集長は5月31日、ツイッターを更新し、米国が中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)をブラックリストに入れたことについて「中国は大規模な報復措置を講じるだろう」とした。

米商務省は5月中旬、ファーウェイと関連約70社を「エンティティーリスト」に追加すると発表した。ファーウェイは米政府の許可なく米企業から部品などを購入することが禁止された。

胡氏は、こうした動きについて「中国政府が消極的に待つことはせず、さらなる対抗措置が講じられることになるだろう」とした。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/06/02 19:27)

    >中国はファーウェイのために米国に報復する 中国はこれまで『アメリカは政府の権力を使って一企業に圧力をかけている』と主張してきた。しかしファーウェイは中国政府の手足であり、独立した民間企業ではないことが明らかとなった。政府直属の企業なんて、自由経済の国にしたらルール違反の存在である。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事