IEEEを退会した北京大の張海霞教授を人民網が独占取材

配信日時:2019年6月1日(土) 14時0分
画像ID 
ネットで「米国の学術団体IEEE(米国電気電子学会、Institute of Electrical and Electronics Engineers)が発信した」と噂されるメールが5月29日、明るみに出た。このメールの中でIEEEは、華為(ファーウェイ)の従業員がIEEE機関誌の編集担当者や論文審査担当者になることを禁じていた。IEEEは世界的な非営利性の多国籍学術団体で、エレクトロニクスや電気、コンピューター、通信などの分野における科学研究に尽力し、大きな影響力がある。またその傘下には「IEEE Transaction」や「IEEE Magazine」など多くの学術機関誌などを持っている。ファーウェイの研究者数名もこの団体で学術関係の職務を担当している。

同日午後、北京大学情報科学技術学院の張海霞教授は自身の研究室の公式サイト上の公式アカウント「AliceWonderlab」で声明を発表し、IEEE機関誌編集委員会からの退会を申請したことを明らかにした。同時に、IEEE次期会長宛ての公開書簡も公表した。張海霞教授はこの書簡の中で、「IEEEがファーウェイの専門家が機関誌の論文審査を担当することを禁じる命令を下した事は、学術関係者が受け入れられるベースラインをはるかに超えている。IEEE会員であり機関誌編集委員である私は、所属する二つのIEEE機関誌編集委員会からの退会を申請した」と記している。(編集AK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<