<写真特集>ミャンマー・ヤンゴンのチャイナタウンを訪ねて

呂厳    2019年6月2日(日) 14時50分

拡大

ミャンマー最大の都市、ヤンゴンのチャイナタウンは市中心部に集中している。

(1 / 26 枚)

ミャンマー最大の都市、ヤンゴンのチャイナタウンは市中心部に集中している。そこで生活する中国系住民は約15万人。サンダルを履いて現地の言葉を話す彼らは、この国の多くを占めるビルマ族の人々とほとんど区別がつかない。

その他の写真

100年の歴史を持つ廟は観光客に人気のスポットだ。日が暮れて明かりが灯り始めると、その前の通りは果物や衣類が並ぶ夜市へと姿を変える。ある住民によると、以前は電力不足のせいで、たびたびろうそくの出番があったそうだ。その後、中国の支援で発電所が建設され、電力供給問題は次第に解消された。チャイナタウンにもより一層のにぎわいがもたらされたという。(翻訳・編集/野谷

呂厳(リュー・イエン)

4人家族の長男として文化大革命終了直前の中国江蘇省に生まれる。大学卒業まで日本と全く縁のない生活を過ごす。23歳の時に急な事情で来日し、日本の大学院を出たあと、そのまま日本企業に就職。メインはコンサルティング業だが、さまざまな業者の中国事業展開のコーディネートも行っている。1年のうち半分は中国に滞在するほど、日本と中国を行き来している。興味は映画鑑賞。好きな日本映画は小津安二郎監督の『晩春』、今村昌平監督の『楢山節考』など。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携