Record China

ヘッドライン:

マハティール首相が東京で「意外」発言、「ファーウェイ最大限使用する」―米華字メディア

配信日時:2019年5月31日(金) 13時10分
拡大
30日、米華字メディア多維新聞は、マレーシアのマハティール首相が「意外にも」ファーウェイ製品を引き続き最大限使用すると発言したと報じた。写真は、マレーシアの空港にあるファーウェイ広告。

2019年5月30日、米華字メディア多維新聞は、マレーシアのマハティール首相が「意外にも」ファーウェイ製品を引き続き最大限使用すると発言したと報じた。

記事は仏AFPの報道を引用。同首相が30日に東京での会議で演説した際、安全性への憂慮の必要性を認める一方で、「それはわが国でファーウェイ製品の使用を阻むことにはならない」との考えを示すとともに、「ファーウェイの研究開発力は、わが国全体の研究開発力をはるかに上回っている。だから、われわれは彼らの技術を可能な限り利用する」と語ったことを伝えた。

そして、同首相の発言について米ブルームバーグが「米トランプ政権がファーウェイ製品の調達を禁止する政策を打ち出したことに対する反発だ。これは、米国による他国への説得が一部の国で失敗したことも表わしている」と評したことを紹介している。

中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は30日の定例記者会見で同首相の発言に関する質問を受けた際「率直に言って、同首相は本当のことを言ったにすぎない。ただ、それは道理にかなった公平な話である。われわれは、一部の国が同首相による勧告を真剣に聞き入れることを心から望んでいる」とコメントした。(翻訳・編集/川尻

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング