Record China

ヘッドライン:

日本と米国と中国、実力差はどのくらい?―中国紙

配信日時:2019年5月31日(金) 11時40分
拡大
豪シンクタンクのローウィー研究所が28日発表した19年版の「アジアパワーインデックス」で、中国が総合的実力面で米国との距離を縮めていることが分かった。資料写真。

豪シンクタンクのローウィー研究所が28日発表した19年版の「アジアパワーインデックス」で、中国が総合的実力面で米国との距離を縮めていることが分かった。中国紙・環球時報が30日付で伝えた。

昨年から発表が始まった同インデックスは、アジア太平洋地域の25カ国・地域の経済や外交、軍事、文化的影響力など8項目を100点満点で評価したもの。19年版は米国1位(84.5点)、中国2位(75.9点)で、中国は米国との差を昨年の9.5点から8.6点に縮めた。日本は42.5点で昨年と同じ3位だった。

記事によると、米中の差が縮小した主な原因として、中国の経済的影響力が米国を超えたことが挙げられている。

今回の結果について、同研究所の関係者は「トランプ米大統領が発動した中国との貿易戦争は米国の重要な同盟国を含む第三国に巨大なリスクをもたらした」と述べ、「アジアにおける中国勃興の阻止を試みる米国だが効果は得られていない」との考えを示したという。(翻訳・編集/野谷

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング