第1四半期のアップルの世界シェアが明らかに低下、ファーウェイは安定の2位―中国メディア

配信日時:2019年5月31日(金) 5時40分
アップルの世界シェアが明らかに低下、ファーウェイは安定の2位―中国メディア
画像ID  1095704
29日、観察者網は、19年第1四半期のスマートフォンの世界シェアでアップルのシェアが低下し、ファーウェイがシェアを伸ばしたと伝えた。写真はアップル。
2019年5月29日、観察者網は、第1四半期の世界スマートフォン市場でアップルのシェアが低下したと伝えた。

記事は、28日に調査会社ガートナーが発表した最新の研究報告を紹介。それによると、19年第1四半期のアップルのスマートフォン販売台数は約4460万台で、前年同期比で約1000万台減少した。これにより、アップルの市場シェアは1年前の14%から11.9%に低下し、華為技術(ファーウェイ)に続く3位となった。

専門家は、「19年第1四半期にアップルは値下げを実行したが、消費を刺激し販売台数を増やす効果は出なかった」と分析。「アップルは、買い替え周期延長という問題に直面している。新機種に説得力のある価値や効果がないためだ」としている。

このほか、サムスンのシェアは世界1位を確保しているものの、販売台数は減少していると記事は指摘。昨年同期比で約700万台減となっており、シェアも20.5%から19.2%に落としている。記事は、「この2社の低迷はスマホ業界全体の低迷の縮図となっている」とし、「ガートナーによると、19年第1四半期の世界全体のスマホ販売台数は昨年同期比で2.7%減少した」と伝えた。

しかし、記事によると、ガートナーはファーウェイについては楽観的な見方を示しているという。19年第1四半期にファーウェイは約5840万台を販売しており、前年同期比で約1800万台増加した。世界シェアも昨年第1四半期の10.5%から15.7%へと伸ばしており、専門家は「中国と欧州での優位性が突出しており、中国では販売台数が69%増、欧州でも33%増となった」と指摘した。

記事はその一方で、専門家の認識として、ファーウェイのスマホがグーグルのアプリやサービスを使用できなくなった場合、ファーウェイの国際的なスマホ業務に悪影響となり、増加を続けている販売台数が抑制されるかもしれないと論じた。(翻訳・編集/山中)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事