頭がい骨骨折も!わが子に20回以上「当たり屋」をさせた親に非難殺到―中国

配信日時:2019年5月30日(木) 23時10分
頭がい骨骨折も!わが子に20回以上「当たり屋」をさせた親―中国
画像ID  1095404
29日、中国メディアの観察者網は、自分の実の子どもに20回以上「当たり屋」行為をさせた親に批判が殺到していると伝えた。
2019年5月29日、中国メディアの観察者網は、自分の実の子どもに20回以上「当たり屋」行為をさせた親に批判が殺到していると伝えた。

その他の写真

記事によると、16年8月から17年10月までの間に、14歳の男の子が妹や親と一緒に三輪タクシーに乗った際、「振り落とされた」としてタクシーから落ちる「当たり屋」行為を20回以上させられ、合計1万5000元(約24万円)以上を三輪タクシーの運転手からだまし取ったという。

三輪タクシーから落ちた時のけがの程度は毎回さまざまで、最もひどい時は頭がい骨を骨折したこともあるというが、両親はすぐに退院させて、10日もしないうちに再び三輪タクシーでの「当たり屋」行為をさせていたという。

後に両親は逮捕され、詐欺の罪で父親は罰金5000元(約8万円)、懲役1年の実刑となり、母親は罰金5000元、懲役1年、執行猶予1年6カ月となった。検察官は母親に対して何度も教育指導を行い、母親は深く反省しているという。

また検察官が、学校を訪問して兄妹に面会し、母親が深く反省していることを伝えたところ、妹は母親のことを非常に恋しがり、男の子も母親のことを理解し、一緒に生活し続けたいとの意思を示したという。しかし、父親と一緒に住むことは拒否した。そこで検察は、父親を逮捕して養育権を取り消したものの、母親については保釈することにしたという。

これに対し、中国のネットユーザーから「これはおかしいだろう。外に出してはだめだ」「このような両親からは養育権を奪って、社会福祉機構が介入すべき」「私は子どもが小さなけがをしただけで何日も心配になるのに、この親の命に対する見方には驚きを禁じ得ない」など、両親に対する批判のコメントが多く寄せられたという。(翻訳・編集/山中)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/06/03 00:47)

    こういうの、アジア圏じゃまだまだ普通にあるからね。 インドでも、子供に物乞いさせるために、親が我が子の手足を切り落とすなんて話はゴマンとあるらしい。 子供は生まれを選べない。親はもちろん、国も立場もだ。そういう意味で人は平等ではないし、真に平等を目指すとしてもなかなか難しい。 国家や国際社会が弱者にもっと目を向けてくれればいいんだろうけど、「持つ者」は「持たざる者」には厳しいからね。弱者にも手を差し伸べようと動いている国家元首なんて数える程もいない。ましてや、国連ですら今では「持つ者」達の駆け引きの場でしかない。 世界中の争いの原因の殆どは経済に起因する。宗教や理念の差異なんてものは後付けの理由でしかない。こういう家庭もまた貧困が原因でもあるだろう。必ずしも「食い物」を与えてやる必要はない。だが、「食っていく為の方法」は与える必要がある。親が元々サイコパスなら話は別だが。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/05/31 03:41)

    日本もそうだが親が子供を虐待して大怪我をさせたり或いは死なせたりしても異常に刑罰が軽すぎるのが許せない、千葉の事件でもあの鬼畜親が殺人ではなく傷害致死扱いなのは全然納得出来ない
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事