中国の新任駐日大使「中国は30年前の日本ではない」―中国紙

配信日時:2019年5月29日(水) 13時30分
中国の新任駐日大使「中国は30年前の日本ではない」―中国紙
画像ID  1095357
28日、中国紙・環球時報は、孔鉉佑外務次官が次期駐日大使に任命され、30日に着任すると報じた。写真は孔鉉佑氏。
2019年5月28日、中国紙・環球時報は、孔鉉佑(コン・シュエンヨウ)外務次官が次期駐日大使に任命され、30日に着任すると報じた。

記事によると、孔氏は同日受けた中国メディアの取材で、現在の米中貿易情勢と30年前の日米貿易摩擦に言及。「現在の世界は30年前の世界とは違う。中国も当時の日本ではない」とし、「妥協、譲歩による問題解決は不可能」と指摘した。

孔氏は「日米貿易摩擦緩和のため、当時の日本は自動車、電子製品、半導体製品の輸出を制限し、市場ルールに背いて大量の米国商品を購入した。そして急速な円高も受け入れた。プラザ合意は最終的に日本経済に巨大な衝撃をもたらし、その影響は今日まで続いている」とし、「中日両国は自由貿易体系の重要な受益者だ。日本政府が多国間主義の堅持、自由貿易体制の堅持を何度も訴えたことに中国は注意している。この点において双方には明確な共通点がある」と表明。日中が手を携え、開放型世界経済と自由貿易体系の保護に向け貢献すべきとの考えを示した。(翻訳・編集/野谷
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • としあ***** | (2019/06/02 07:58)

    オバマの頃、アメリカ製品にアメリカ自身が冷淡で、あっちの製造業者はやられっぱなして不憫だなと思っていたので反動でトランプが当選したのもさもありなんと受け止めた。 ここの話は中国の一般見解だろうけども、一方的に攻め立てると色々悪い事が勃発するというのも考慮しないと。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Kio***** | (2019/05/29 15:57)

    30年前のソ連と同じようになるんじゃないだろうか。リーマンショックで57兆円もの景気対策を行い、たった3年でアメリカが100年で使ったコンクリを使い切り、人口希薄地のウイグルも含め3万キロ近い高速鉄道の延伸で86兆円もの負債が積み上がってるわけだし。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • はやぶ***** | (2019/05/29 15:12)

    「中国は30年前の日本ではない」当然である、30年前の日本は他所の国を侵略するような野蛮で凶悪な国ではなかったのだから
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事