トランプ大統領の日本での演説、ある一言が韓国の不満を引き起こす―韓国メディア

Record China    2019年5月29日(水) 10時20分

拡大

28日、環球時報は、トランプ米大統領が横須賀の米海軍基地で演説した際のある発言が、韓国政府に不満を抱かせたと報じた。資料写真。

2019年5月28日、環球時報は、トランプ米大統領が横須賀の米海軍基地で演説した際のある発言が、韓国政府に不満を抱かせたと報じた。

記事は、韓国・聯合ニュースの報道を紹介。トランプ氏は28日に同基地で米国の兵士に対して演説を行った際、「君たちはテロに対峙し、災害が発生すれば積極的に支援を提供する。そして黄海、日本海、東シナ海、南シナ海を堂々とパトロールする……世界最先端のレーダーと兵器体制が祖国と同盟国をミサイルから守る」と発言したという。

韓国外交部のキム・インチョル報道官は同日の定例記者会見でこの発言に言及し、韓国政府として東部海域について「東海」と「日本海」の併記する原則を改めて強調した。

記事によると、キム報道官は「東海」の表記問題について、韓国政府が「同時表記をしなければならない」という一貫した、かつ明確な立場を持っていると説明。記者から表記に対する米国の立場について質問を受けると「確認したうえで、必要があれば回答する」と答えた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

時事 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携