安倍首相の前で北朝鮮をかばったトランプ大統領、その狙いは?=韓国ネットも注目

配信日時:2019年5月28日(火) 13時20分
安倍首相の前で北朝鮮をかばったトランプ大統領、その狙いは?=韓国ネットも注目
画像ID  1095099
28日、韓国・アジア経済は「ドナルド・トランプ大統領が北朝鮮問題について側近や安倍首相と違う見方を示し、金正恩朝鮮労働党委員長をかばう姿を見せた」とし、その「狙い」について伝えた。写真はトランプ大統領。
2019年5月28日、韓国・アジア経済は「ドナルド・トランプ大統領が北朝鮮問題について側近や安倍首相と違う見方を示し、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長をかばう姿を見せた」とし、その「狙い」について伝えた。

来日中のトランプ大統領は27日、安倍首相との首脳会談の後に行った共同記者会見で、北朝鮮の最近のミサイル発射について「国連安保理決議違反ではない。気にしない」と述べ、非核化交渉の再開を強く訴えた。これについて、記事は「トランプ大統領のこうした対北朝鮮認識は、首脳会談の相手だった安倍首相とも大きな違いがあり、日本を困惑させた」と伝えている。安倍首相は同日の会見で、北朝鮮のミサイル発射について「国連安保理決議違反であり、非常に遺憾だ」「日本は北朝鮮の隣国であるため最も脅威を感じている」などと批判した。

また記事は「日本はトランプ大統領の発言に困惑しながらも、懸命に波紋を収めようとした」と指摘。安倍首相は「北朝鮮問題で米国と日本の立場は完全に一致している」と強調し、西村康稔官房副長官も定例会見で、両首脳の発言の違いについて「日米の認識は基本的に一致している。ただトランプ大統領がそう表現しただけ」と釈明した。

さらに「トランプ大統領の発言は、側近のジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の発言とも大きく異なる」という。ボルトン補佐官は25日に東京で記者との懇談会を開き、北朝鮮のミサイル発射について「国連安保理決議違反だ」と批判していた。

最後に記事は、トランプ大統領の発言の「狙い」について「対外政策でイランや中国など世界中で対立が発生している中、唯一の成果と言える北朝鮮の核・ミサイル実験中止などの成果に傷をつけず、金委員長をなだめて北朝鮮の核で外交成果を得るためのもの」と分析している。

トランプ大統領の発言について、韓国のネットユーザーからは「トランプ大統領は日本に歴史を繰り返させないため、北朝鮮と韓国を日本の影響力下には置きたくないのだろう」「金正恩を味方につけるのも、中国に圧力を掛ける戦略の一つ。金正恩の持つカードを把握した今、敵対視するより利用する方が賢い」「トランプ大統領が北朝鮮を利用して遊んでいるように見える」などの声が上がっている。

また「日本は必死におもてなししたのに、裏切られちゃったね(笑)」「結局、安倍首相は貿易交渉で利用されるだけだろう」と指摘する声や、韓国の立場について「北朝鮮と米国と日本は今、互いに駆け引きをして自国の利益を得るため激しい頭脳戦を繰り広げている。それなのに韓国は何もできず見ているだけ」と嘆く声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事