Record China

ヘッドライン:

中国のAI論文発表数が世界一に―中国メディア

配信日時:2019年5月28日(火) 13時40分
拡大
中国のAI論文発表数は世界最多で、企業数など複数の指標で世界2位になっている。資料写真。

「中国次世代AI発展報告書2019」(中国語・英語版)が24日、上海市で発表された。同報告書は中国科学技術部次世代AI発展研究センター、中国科学技術発展戦略研究院が国内外の10数機関と編纂したもので、「次世代AI発展計画」の実施以降の具体的な推進状況を反映している。人民日報が伝えた。

同報告書によると、中国のAI(人工知能)発展はすでに一部で優位性を形成している。具体的に見ると、中国のAI論文発表数は世界最多で、企業数など複数の指標で世界2位になっている。2013−18年の世界のAI分野の論文・文献発表数は30万5000本で、うち中国が7万4000本。被引用回数が世界上位1%内のAI論文のうち、中国が2位になっている。被引用回数が世界トップ100の論文のうち、中国の論文が16本入っている。また、関連機関の統計によると、昨年末現在まで世界で設立されたAI企業は1万5916社で、中国は3341社で2位になっている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ファーウェイCEO「中米貿易問題の根本は教育水準」

 通信機器大手ファーウェイの創業者兼CEOの任正非氏は21日、広東省深セン市の本社で中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ)のインタビューを受け、教育の重要性を強調し、「中米貿易問題の根本は教育レベルにある」と指摘しました。 任氏は「国の強さを示すものに、鉄道、道路、交通...

CRI online
2019年5月22日 19時15分
続きを読む

ランキング