Record China

ヘッドライン:

中国J-15に2つの重大欠陥、実戦で足を引っ張るかもしれない―中国メディア

配信日時:2019年5月28日(火) 11時40分
拡大
26日、新浪軍事は、中国の第1世代空母艦載機であるJ-15について、初飛行から10年近くが経過した現在でも改善されない、実戦に大きな影響を及ぼす重大な欠陥を2つ抱えているとする記事を掲載した。写真はJ-15。

2019年5月26日、新浪軍事は、中国の第1世代空母艦載機であるJ-15について、初飛行から10年近くが経過した現在でも改善されない、実戦に大きな影響を及ぼす重大な欠陥を2つ抱えているとする記事を掲載した。

記事は、J-15について「ウクライナのT-10K-3プロトタイプ機をベースとし、J-11の技術を結び付けて研究開発された中国の第1世代艦載機で、間もなく生産が停止される」と紹介。2009年8月31日に初飛行を成功させてから約10年が経過し、その大部分は中国初の空母・遼寧と一緒に歳月を重ねてきたとする一方、「J-15に存在する2つの欠点は、一向に改善されない」と指摘した。

まず1点めの欠陥として、機種部分に存在する長いピトー管を挙げている。「飛行機のピトー管は今や内部に埋め込まれているのが一般的であるにもかかわらず、J-15では今なお外に飛び出しており、美しくないうえに非常に邪魔である。折り畳みはできるが、空母の上が狭いからと何度も畳んだり広げたりを繰り返すのは非合理的だ」と論じている。

続いて「ピトー管よりも大きな問題になりうる」として挙げたのは、エアステアの問題だ。記事は、米軍の艦載機の大部分は機内にエアステアを格納している一方で、J-15は旅客機同様地上担当者が階段を持ってきたり撤去したりすると説明。狭い甲板上で何度もエアステアを行き来させるのは非常に危険な行為だとした。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング