米中の貿易戦争は台湾を苦しめる―台湾メディア

配信日時:2019年5月27日(月) 18時30分
米中の貿易戦争は台湾を苦しめる―台湾メディア
画像ID  1094805
26日、中国新聞網は台湾メディアの報道を引用し、米国による対中関税が台湾を苦しめているとする記事を掲載した。資料写真。
2019年5月26日、中国新聞網は台湾メディアの報道を引用し、米国による対中関税が台湾を苦しめているとする記事を掲載した。

記事は、経済日報の報道を引用。「米国が関税を増加し続けるなら、中国の輸出はある程度の影響を受けるが、中国は完全に科学技術産業の発展における潜在的な優位性を保持することができ、最大限、中国企業と消費者を守ることができる」と論じた。

また、大華網路報は、トランプ政権がファーウェイについて米国の安全を脅かしているとしているものの、十分な証拠を出していないと指摘。「国際協力によってのみ、トランプ大統領に自身は孤立無援であると知らしめることができるだろう」と論評した。

さらに旺報は、社説の中で「中国は科学技術の自立を加速させると同時に開放を保持し、楽観的な見方を保つべき」と主張。米国政府がファーウェイ禁止令にについて猶予期限を設けた後、米国の多くのサプライヤーが在庫を準備し、アジアの多くのサプライヤーは供給を維持しており、台湾積体電路製造(TSMC)もファーウェイへの部品供給を停止することはないと発表していると指摘し、将来的な部品供給がどうなるかは分からないが、「中台経済は密接な関係にあり、企業が協力し合うことは雪中に炭を送ることであり、民族の大義を示すものである」と論じた。

ほかにも、中国時報は「実際のところ、米中貿易戦争の犠牲者は台湾で、その損失は巨大だ。最近、対米輸出は増えたが、中国の対米輸出が減少する影響で、台湾の対中輸出も減る。このため、(輸出は)小幅に増加して大幅に減少することになる」と分析。同紙は、「このような雰囲気の中で中国社会は台湾の態度に注目している。民進党は、一時的な選挙の必要のために誤ったシグナルを発するべきではない。民族感情的にも現実的な利益からしても、台湾は貿易摩擦を利用して中国に対抗すべきではない」と主張した。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事