Record China

ヘッドライン:

中国航空会社のボーイング社への賠償請求、世界最大の630億円規模―業界団体も積極支持を表明

配信日時:2019年5月26日(日) 11時0分
拡大
中国航空運輸協会の劉樹国秘書長は24日、自国の航空会社13社がボーイング社に対して、B737MAXが使用できなくなったなどで損害賠償を請求したことを「積極的に支持する」と述べた。請求額はは累計40億元(約634億円)以上になるという。

中国航空運輸協会は24日、自国の航空会社13社が米ボーイング社に対して、同社製のB737MAX旅客機が使用できなくなったなどで損害賠償を請求したことを「積極的に支持する」考えを明らかにした。中国の航空会社の損害は累計40億元(約634億円)前後になるという。中国中央電視台(中国中央テレビ)が2019年5月24日付で伝えた。

2018年10月にインドネシアで、19年3月にはエチオピアで、B737MAXの墜落事故が発生した。2件の墜落事故については、失速を防ぐシステムの不具合が関係した可能性が指摘されている。19年5月には、ボーイングの技術者が2017年時点でB737MAXの失速警報装置に不具合があることを認識していたと報じられたことで、同社に対する批判は一層高まった。

中国航空運輸協会の劉樹国秘書長は、中国の航空会社のボーイング社に対する損害賠償請求について、B737MAXと引き渡しの遅延により重大な損失が発生したと説明。運航復活の時期は不明だが、6月末まで使用できない状態が続くとして、中国の航空会社の損害は累計40億元(約634億円)前後になると見込まれ、運航復活が遅れれば、損失はさらに拡大するという。

劉秘書長は、中国の航空会社は同機の世界最大のユーザーであり、損失も世界最大になると説明。そのため、協会は会員企業の損害賠償関連作業を積極的に支持し、協力するという。

同協会関係者によると、中国では航空会社13社がB737MAX8を計96機、使用していた、また、2019年には同型機130機の引き渡しを受ける予定だった。(翻訳・編集/如月隼人

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

グーグルが米政府の決定受け、ファーウェイ機器へのサービスを一部停止、ファーウェイ「影響を評価中」

グーグルが米国政府の決定を受けファーウェイへのソフト提供など一部ビジネスを停止した。ファーウェイは海外市場での影響を評価中と説明した。写真はミャンマー・ヤンゴン市内の商店のファーウェイの販売コーナー。同社は海外市場を大きく広げている。

Record China
2019年5月21日 8時10分
続きを読む

「日本のエネルギー安全に深刻な脅威を与えている」=中国メディアが米国の対イラン政策を批判

中国メディアの新浪網はイラン問題など米国の中東政策を厳しく批判する記事を発表した。記事は安倍首相が訪日したイランのザリフ外相と会談した(写真)のは異例として、日本は米国の盟友ではあるが、自らの国益のために動いていると主張した。

Record China
2019年5月20日 7時0分
続きを読む

中国報道官「言う方は疲れないだろうが聞く方は疲れた」―ポンペオ米国務長官「一帯一路は各国の主権損ねる」に反発

中国政府外交部の耿爽報道官は、ポンペオ米国務長官が中国の提唱する「一帯一路」を「各国の主権を損なうものだ」などと批判したことに対して「また、いつもの調子」「言う方は疲れないが、聞く方は疲れる」などと反発した(写真)。

Record China
2019年5月10日 14時30分
続きを読む

ランキング