米中貿易で米国が損?追加関税で米国が利益?専門家が反論―中国

配信日時:2019年5月25日(土) 5時50分
米中貿易で米国が損?追加関税で米国が利益?専門家が反論―中国
画像ID  1094359
北京大学国家発展研究院は22日、「米中貿易および米中関係:挑戦と見通し」と題したフォーラムを開催した。資料写真。
北京大学国家発展研究院は22日、「米中貿易および米中関係:挑戦と見通し」と題したフォーラムを開催した。専門家たちは、「協力こそが米中双方にとって唯一の正しい選択であり、関税という大きな棒を好き勝手に振り回す米国の誤ったやり方は、経済貿易問題の解決に少しも資さない。中国はこれまでずっといかなる圧力も恐れたことはないし、いかなるリスクと挑戦にも対応できるという自信があり、そして決意があり、能力がある」という見方で一致した。人民日報が伝えた。

■米国の追加関税は米国内の輸入企業・卸売企業・小売企業を通じて、最終的には米国の消費者にしわ寄せがいく

中国国際経済交流センターの陳文玲チーフエコノミストは、「米国が貿易戦争を発動したことは、米国経済におけるポピュリズムの産物であり、米国の利益を至上とする考え方を全世界に押し広げようとするものだ」との見方を示した。

清華大学中米関係研究センターの周世倹シニア研究員は、「追加関税は諸刃の剣であり、関税上乗せは保護貿易主義の最も簡単なやり方だ。米国の追加関税は米国内の輸入企業、卸売企業、小売企業を通じて、最終的には米国の消費者にしわ寄せがいく」と述べた。

北京大学国家発展研究院党委員会の余●(品の口が水)傑書記(副院長)は、「貿易赤字は米国にとって損していることを意味しない。赤字は両国の経済構造が決めるものだ」と述べた。

同研究院の林毅夫名誉院長は、「貿易がウィンウィンであるというのは、経済学の基本中の基本だ。米国が対中貿易で赤字になった大きな原因は、米国の貯蓄の少なさにある。貿易赤字を解決したいなら国内の問題から出発し、貯蓄を増やし、消費を減らさなければならない。関税によって赤字を解決しようとしても、かえって反対の結果を招くだけだ」との見方を示した。

■米国が貿易戦争を発動して、乱したのは世界全体の産業発展の歩みであり、人類の歴史的発展の流れに背いている

中国現代国際関係研究院世界経済研究所の張運成所長は、「米国は自国の問題を理性的に分析し、自国の競争力が二極分化し、経済の活力や従来型労働力が革新経済に吸収されないといった現実的問題を真剣に考えるべきだ。矛盾を外国に転嫁してはならないし、『自分たちでパイを作らず、海外に行ってパイをかすめ取ったり、パイをぶんどったりする』ことは決してしてはならない」と指摘した。

陳氏は、「米中の国交樹立からの40年間、両国関係の主流は協力・ウィンウィンであり、米国が生み出してきた富は中国を含む全人類の知恵と切り離せないものだ。米国が貿易戦争を発動して、乱したのは全世界の産業発展の歩みであり、人類の歴史的発展の流れに背いている」と述べた。

中国社会科学院世界経済・政治研究所国際貿易研究室の東艶室長は、「極限まで圧力をかけるやり方は絶対にしてはならない。中国は現在、輸入を拡大する必要があるが、中国がどんな方法で輸入するか、何を輸入するか、どれくらい輸入するかは、米国が決めることではない」と述べた。

国際関係学院の立巍学院長補佐(国際政治学部長)は、「目下の米国の貿易などの分野における諸々の言動は、貿易覇権主義が集中的に現れたもので、国際社会の断固たる反対に遭うことは確実だ」との見方を示した。

■中国の産業システムは整い、市場規模は巨大で、圧力に対抗する力は強く、波瀾の試練に耐える能力が完全にある

米国は5月10日、2000億ドル(約22兆520億円)分の中国からの輸入品に対する関税を上乗せして、関税率を10%から25%に引き下げた。フォーラムに参加した専門家は、「中国の産業システムは整い、市場規模は巨大で、強靱性は強く、融通の可能性は大きく、圧力に対抗する力は強く、波瀾の試練に耐える能力が完全にある」との見方を示した。

林氏は、「中国が戦略の定力を維持して、自分たちのことをしっかりやりさえすれば、中国経済のグローバル経済成長への寄与は引き続き世界最大のものになる。米国市場は中国の輸出市場のうち20%を占めるに過ぎず、中国は欧州連合(EU)や日本・韓国や『一帯一路』(the Belt and Road)沿線国・地域との経済貿易往来を幅広く開拓し展開している」と述べた。

余氏は、「中国には米中経済貿易摩擦に対応するための十分な政策ツールがある。同時に、中国は高いレベルの対外開放を引き続き推進し、EU、ASEAN、新興5カ国(BRICS)などのパートナーとの貿易関係を絶えず深化させるとともに、世界貿易機関(WTO)などの多国間組織を通じて自国の権利を断固として守り抜く」と述べた。

また林氏は、「中国は自国の発展を代償として米国の一方的なニーズを満たすことは絶対にしない。中国がやるべきことは戦略の定力を維持して、改革を全面的に深化させ、新たな段階の高い水準の対外開放の推進に力を入れ、新しい発展の理念の要求に基づいて、革新、協調、グリーン、開放、共有の発展を追求することだ」との見方を示した。

北京大学国際関係学院の査道炯教授は、「グローバル資源配置の能力を高め、中国の全要素の生産性を高め、中国の技術、製品、サービスの国際競争力を高めると同時に、開放を絶えず拡大し、全世界に中国の発展チャンスと発展成果を共有してもらうことが必要だ」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/KN)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事