韓国の慰安婦訴訟、日本政府が拒否しても進行?=韓国ネットから期待の声

配信日時:2019年5月23日(木) 12時10分
韓国の慰安婦訴訟、日本政府が拒否しても進行?=韓国ネットから期待の声
画像ID  1093740
22日、韓国メディア・ニューシスは、元慰安婦らが日本政府を相手取り損害賠償を求めた訴訟について、「日本政府が訴訟を拒否する立場を示したが、裁判を始められる法的要件は整っている」と報じた。資料写真。
2019年5月22日、韓国メディア・ニューシスは、元慰安婦らが日本政府を相手取り損害賠償を求めた訴訟について、「日本政府が訴訟を拒否する立場を示したが、裁判を始められる法的要件は整っている」と報じた。

外務省は21日、「国際法上の主権免除の原則により、日本政府が韓国の裁判権に服することは認められない」とし、「訴訟は却下されなければならない」との意見を韓国政府に伝えた。これを受け、韓国外交部は22日、「慰安婦損害賠償に関する送達書類を昨年8月15日に日本の外務省に送ったが、返送された。その後、関連法律に基づき公示送達の手続きが進められた」と説明した。

公示送達とは、民事訴訟において当事者に訴訟書類を送達できない場合に、裁判所や新聞に当該書類を一定期間掲示すれば法的に送達したものとする制度のこと。

記事は「裁判を始められる手続き上の要件は満たしているため、審理を行うことが可能になった。日本政府も裁判が始まる前に立場を示したものとみられる」としつつも、「被告人の日本政府が参加しない裁判は難航を極めるだろう」と伝えている。

これに、韓国のネットユーザーからは「いいね。日本の意見は無視して突き進もう」「長い間裁判が始まらなかった理由はやっぱり、朴槿恵(パク・クネ)前大統領が阻止していたからだ」「朴前大統領だったら、日本の言うことに黙って従っていただろう」「韓国の法律に基づいて着実に進めていけばいい。今回の裁判で韓国はプライドを取り戻せるはずだ」など、裁判の開始に期待の声が上がっている。

また「他の人たちも訴訟を起こすべき。日本に奪われた青春に対する補償を少しでも受けられますように」「被告人の日本には反省の色が感じられない。裁判所は厳しい処罰を下すべきだ」などと訴える声も。

一方で「慰安婦問題で支持率を維持している議員がいるから、こうやって話題を作り続けているのでは?」「慰安婦被害者を利用するのはもうやめて」と否定的な声も上がっている。(翻訳・編集/堂本
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/05/23 15:04)

    >裁判所や新聞に当該書類を一定期間掲示すれば法的に送達したものとする制度のこと 公示送達は税金滞納者が行方不明の場合、差し押さえした財産を競売(きょうばい)するときに行われるものだ。しかし税金滞納者が海外にいる場合、税務署の掲示板に張り出しても見られない可能性もある。日本政府が確実に見る場所に掲示しないと『法的に送達した』とは言えないはずだ。これまで裁判が行えなかったのも、制度の〈拡大解釈〉をためらったからであろう。韓国はとうとう〈パンドラの箱〉を開けて、災厄を解き放ってしまった。もっとも災厄に見舞われるのは韓国自身であろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/05/23 13:16)

    日本政府はこのような一方的な言い掛かりに感情的にならない代わりに、韓国から支援の要請があっても冷たくスルーすればよい、例えば昨日の石原伸晃氏のように「日本に何の用事ですか」みたいな感じで
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 仙田 ***** | (2019/05/23 12:35)

    日本や日本企業は賠償命令が出ても一円も支払わなければいい、国際間の条約を無視して日本政府との話し合いにも応じない一方的な恫喝にまともに対応する必要は無い
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事