米中のステルス戦闘機を比較してみた! J-20は3項目でF-22をリード、2項目で劣る―中国メディア

配信日時:2019年5月23日(木) 22時50分
米中のステルス戦闘機を比較してみたら…―中国メディア
画像ID  1093691
22日、新浪軍事は、中国のJ-20戦闘機と米国のF-22戦闘機を比較し、J-20が3つの点でリードする一方、2つの点で劣っているとする記事を掲載した。写真はJ-20とF-22。
2019年5月22日、新浪軍事は、中国のJ-20戦闘機と米国のF-22戦闘機を比較し、J-20が3つの点でリードする一方、2つの点で劣っているとする記事を掲載した。

その他の写真

記事はまず、両者の翼について分析。いずれもステルス性と機動性を高める設計になっている一方で一部に違いがあり、F-22が「主翼+尾翼」なのに対してJ-20は「カナード+後部主翼」の設計であるとした。また、量産タイプではデルタ翼を採用することで、ステルス性能を大幅に高めたと伝えている。

一方、F-22のステルス性能も非常に優れており、ダクトをS字型にすることで強いレーダー反射信号が出るエンジンブレードに相手のレーダー波が当たらないようにしていること、外側に傾斜した垂直尾翼、ひし形の機首を採用してステルス性能を高めていることを紹介した。

機体のサイズに関しては、空中戦専用として開発されたF-22が小型であるのに対し、J-20は大型であり、航続距離もF-22の750キロに対してJ-20は倍の1500キロに達すると指摘。大きなボディーゆえに多くの武器を搭載可能なうえ、改造による潜在能力の高さもF-22をはるかに上回ると主張している。

その一方で、記事は「動力系統では、わが国は米国に一定の距離を置かれている」と指摘。「F-22に搭載されるF-119エンジンは非常に高性能であるのに対し、J-20は翼の設計により浮力を高めるとともに、吸気口に先進のDSI方式を採用するなどしてエンジンの不足を補っている」と伝えた。

そして最後に「一通り比較してみると、ステルス性能と動力系統ではF-22が有利で、航続距離、機動性、バージョンアップの潜在性ではJ-20が上回っていることが分かった」とまとめている。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 日本が***** | (2019/05/24 22:58)

    何度も書いてるが、4枚羽の飛行機はパワー不足を露呈してるようなもの。ステルス性能が劣っているのは致命的。しかも、今の戦争はシステムで戦うので、昔のようなドッグファイトをする前に、勝負がついている。実戦経験が豊富な米国も有利。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ユパミ***** | (2019/05/24 20:50)

    中国からしたら事実で有る必要がないのでこういう記事に成るんだよ 実際に出会う事は無いだろうし 中国のカタログデータ番長は今に始まった事じゃ無いし 何も知らない人が 中国の戦闘機すげーって思えば良いんだし 実戦で会うことが有って対戦したら200km手前からミサイル撃たれて中国機は落とされるのが落ちなんだし そこは中国軍もわかっているからそんな場面にJ20なんて出して来ないだろうしね 航続距離云々はもし其が本当だとしても空母から飛んで行くから関係無いし 本来ステルス機かどうかすら怪しいんだけど 中国ではそういう事に成っているんだろう 中国がこういう記事書いて来る時は本当に逆な事がほとんどなのでf22が怖くて仕方ないって事なんだろう 自衛隊にf3としてf22の改良型が選定される可能性も有るからそれに牽制のつもりなのかも知れないがそれならf22が最適だって事なんだろう
    このコメントは非表示に設定されています。
  • JOE***** | (2019/05/24 18:49)

    地続きだし…あっち系の人が書いてるのかな?。 願望をあたかも事実のように言ってはいけません。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事