Record China

ヘッドライン:

「ミャンマーは日中対立の戦場に」、スー・チー氏来日の陰で火花―タイ紙

配信日時:2013年4月16日(火) 7時20分
拡大
15日、タイの反ミャンマー政府系紙エーヤワディー・ニュース・マガジンは、アウン・サン・スーチー氏が日本政府に支援を求めたことについて「ミャンマーは日中対立の“戦場”になった」と伝えた。資料写真。
(1/2枚)

2013年4月15日、タイの反ミャンマー政府系紙エーヤワディー・ニュース・マガジンは、27年ぶりに来日したミャンマーの民主化運動指導者、アウン・サン・スーチー氏が日本政府に支援を求めたことについて「日本はミャンマーを取り込んで中国に対抗するつもりで、ミャンマーは日中対立の“戦場”になった」と伝えた。環球時報(電子版)が伝えた。

その他の写真

エーヤワディー・ニュース・マガジン紙は同13日、「ミャンマーは日中対立の戦場になった」とする評論記事を掲載。今月初めに中国海南省で開かれた「ボアオ(博鰲)アジアフォーラム」で、ミャンマーのテイン・セイン大統領と中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が会談。一方でスー・チー氏が日本を訪問したことについて「日中対立を示すものだ」と分析した。

さらに、日本政府は民主化後のミャンマーについて、市場開拓など経済分野だけでなく、外交相手としての価値を見出していると指摘。日本メディアも、日本はミャンマーと戦略的外交関係を結び、東南アジア経済圏における日本経済の優位性を高める青写真を描いているとしている。(翻訳・編集/AA)

関連記事

南シナ海と尖閣、中国の対応に温度差があるのはなぜか=米国を念頭に注意深く地ならし―米華字メディア

8日、南シナ海では有無を言わせない強硬な姿勢を見せる中国だが、尖閣諸島については軍を派遣していないなど、一定の配慮もみられる。この「温度差」の理由について、米華字メディアが評論記事を掲載した。写真は南シナ海艦隊陸戦隊に配属された少林拳部隊。

Record China
2013年4月12日 7時20分
続きを読む

ランキング