Record China

ヘッドライン:

ファーウェイCEO「中米貿易問題の根本は教育水準」

配信日時:2019年5月22日(水) 19時15分
拡大
 通信機器大手ファーウェイの創業者兼CEOの任正非氏は21日、広東省深セン市の本社で中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ)のインタビューを受け、教育の重要性を強調し、「中米貿易問題の根本は教育レベルにある」と指摘しました。 任氏は「国の強さを示すものに、鉄道、道路、交通...

 通信機器大手ファーウェイの創業者兼CEOの任正非氏は21日、広東省深セン市の本社で中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ)のインタビューを受け、教育の重要性を強調し、「中米貿易問題の根本は教育レベルにある」と指摘しました。

 任氏は「国の強さを示すものに、鉄道、道路、交通施設、都市建設、水道などというハード面があるが、それには魂がない。魂は文化、哲学、教育、人の教養にある」と述べました。

 また任氏は、「社会は最終的にAI化していく。ファーウェイの生産ラインには人がほとんどなく、今後は数百、数千に上る生産ラインが完全に自動化される。そうなると、大学以上の教育を受けず、英語もパソコン操作もできない人は働けない。国も同様であり、開放してこそ未来があり、そのためには体力作りが必要で、それには教養が必要だ」と強調しました。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

【CRI時評】中国という大市場は悪意の評価に屈しない

 国際的なカジュアルファッション企業グループである米国のギャップ(GAP)にとって、2019年は特別な年だ。グループ発足50周年に当たるこの年、GAPは北米の実店舗数百店を閉鎖し、その一方で中国市場へのパイプ拡大に注力する計画だ。今年4月だけでも、同社は中国大陸部に11店舗を開設...

CRI online
2019年5月21日 23時45分
続きを読む

【CRI時評】米国は「世界の赤字」を作り出す主要な存在だ

 「逆切れする」とは、米国が相手に圧力をかける際の一貫した手口だ。米国は最近、まるで逆上したように、この手法をこれまで以上に使っている。例えば、第11ラウンドの中米経済貿易ハイレベル協議の直前になってから、米国はいきなり、中国が交渉の過程において「立場を後退させた」と中傷し、その...

CRI online
2019年5月20日 22時50分
続きを読む

フーバー政権の二の舞を演じてはならない=米イェール大学教授

 米イェール大学のスティーブン・ローチ教授 経済学専門家である米イェール大学のスティーブン・ローチ教授はこのほど、トランプ政権による中国からの輸入商品への追加関税措置は「1930年代の保護貿易主義政策に酷似している」として、保護貿易主義的な行動をやめ、過去の二の舞を演じることの無...

CRI online
2019年5月20日 17時50分
続きを読む

ランキング