ファーウェイCEO「先端技術は取引禁止の影響なし」

配信日時:2019年5月22日(水) 15時15分
画像ID 
 通信機器大手ファーウェイの創業者である任正非CEOは21日、広東省深センで中国メディアのインタビューに答え、「先端技術については、米国による取引禁止措置の影響は受けない」と述べました。

 任氏はこの日のインタビューで、まず、米企業の長年にわたる支持や協力に感謝の意を示し、「これまでの30年、わが社が成長する中で米企業は常にそばにいて、ひたむきに貢献してくれた。また、米国の多くの部品メーカーも強く支持しており、特に我々が危機を迎えている今、米企業の良心が現れている。これはまさに『得道多助、失道寡助』(提供/CRI)という言葉の通りだと感じた」と語りました。

 米商務省がファーウェイとその関連企業を取引禁止対象としたことについて、任氏は「ファーウェイの先端技術の開発と利用は影響を受けない」と表明しました。さらに「一部の低価格品については、いずれ淘汰されると判断したため予備がなく、今回の制裁の影響を受ける可能性がある。ただ最先端の分野については影響はないだろうし、少なくとも5G分野に関しては絶対にありえない。それどころか、他社は2、3年かけても追いつくことはない」と自信を示しました。(提供/CRI)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<