韓国で整形手術受け失明、中国人女性が起こした訴訟で判決―中国メディア

配信日時:2019年5月22日(水) 20時0分
韓国で整形手術受け失明、中国人女性が起こした訴訟で判決―中国メディア
画像ID  1093365
手術中のミスが原因で失明したとして、中国人女性が韓国の病院の医師を相手に起こした訴訟で、ソウル中央地裁はこのほど、医師に約550万円の支払いを命じる判決を出した。資料写真。
手術中のミスが原因で失明したとして、中国人女性が15億ウォン(約1億4000万円)の損害賠償を求め韓国の病院の医師を相手に起こした訴訟で、ソウル中央地裁はこのほど、医師に5900万ウォン(約550万円)の支払いを命じる判決を出した。海外網が21日付で伝えた。

女性が訴訟を起こしたのは6年前のことだった。女性は2013年10月、観光客として現地を訪れ、ソウルの江南にある皮膚科で目の下や鼻、額などに充填(じゅうてん)物を入れる手術を受けた。しかし、手術中に左目が見えなくなるという異常が発生。医師は手術を中断し、女性に処置を施した上で別の病院に搬送したが、1週間入院した女性は最終的に左目の失明が確認された。

判決は、手術に伴う副作用の予防という面で病院側の不注意を認めており、「医師は充填物を誤って目の周囲の血管に注入し、血管を壊死(えし)させた」との判断を示した。ただ、手術の性質や医師がすぐに女性を病院に搬送したことなどを考慮し、医師が負うべき責任は80%とした。(翻訳・編集/野谷
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/05/22 20:42)

    マスコミがスポンサーである美容外科の不祥事を殆んど報道しないので闇に葬られているが日本の美容外科のトラブルは滅茶苦茶多い、美容外科医は最初から美容外科を志したものは殆んど無く、重大な医療事故を起こしたり薬の横流し等の悪事を働いて保険医の資格を剥奪されて仕方なく美容外科を始めたというとんでもないヤブ医者が多い、安易にプチ整形等に手を出してはいけない
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事