Record China

ヘッドライン:

米国、ファーウェイへの禁輸措置に一部猶予

配信日時:2019年5月22日(水) 10時35分
拡大
  米商...

  米商務省は20日、ファーウェイ(華為技術)およびその関連企業への米国からの輸出禁止措置について、一部企業に対する期限付きの猶予措置を発表しました。

 米商務省はこの日の声明で、「『臨時許可』を得た米国企業は、ファーウェイおよび、関連企業のうち米国系でない68社に対する輸出、再輸出、製品・技術の移転を行える。この許可は『特定的』かつ『限定的』なもので、すでに米国でファーウェイ製品とサービスを使用している企業のみが対象となる」としました。

 この猶予措置は、すでに米国に存在するインターネット環境の持続的な運営を確保するためのもので、ファーウェイと関連企業は90日間の期間限定で、既存のネットワークの保守や、必要とされる5G標準の策定など、「特定の活動」への参与が認められます。

 これについて、ファーウェイCEOの任正非氏はメディアに対し、「この90日間の臨時的な許可に大した意味はない。最も大切なのは、自分たちに出来ることを着実に成すことだ。米国政府の行動は、我々に左右できるものではない」と、冷静な見方を示しています。(朱 謙)(写真提供 新華社)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

【CRI時評】中国という大市場は悪意の評価に屈しない

 国際的なカジュアルファッション企業グループである米国のギャップ(GAP)にとって、2019年は特別な年だ。グループ発足50周年に当たるこの年、GAPは北米の実店舗数百店を閉鎖し、その一方で中国市場へのパイプ拡大に注力する計画だ。今年4月だけでも、同社は中国大陸部に11店舗を開設...

CRI online
2019年5月21日 23時45分
続きを読む

【CRI時評】米国は「世界の赤字」を作り出す主要な存在だ

 「逆切れする」とは、米国が相手に圧力をかける際の一貫した手口だ。米国は最近、まるで逆上したように、この手法をこれまで以上に使っている。例えば、第11ラウンドの中米経済貿易ハイレベル協議の直前になってから、米国はいきなり、中国が交渉の過程において「立場を後退させた」と中傷し、その...

CRI online
2019年5月20日 22時50分
続きを読む

フーバー政権の二の舞を演じてはならない=米イェール大学教授

 米イェール大学のスティーブン・ローチ教授 経済学専門家である米イェール大学のスティーブン・ローチ教授はこのほど、トランプ政権による中国からの輸入商品への追加関税措置は「1930年代の保護貿易主義政策に酷似している」として、保護貿易主義的な行動をやめ、過去の二の舞を演じることの無...

CRI online
2019年5月20日 17時50分
続きを読む

【CRI時評】ファーウェイが窮地からの鮮やかな反撃

 米国商務省は16日、証拠が全くないにかかわらず、中国企業のファーウェイ(華為、HUAWEI)およびその他の70社を、輸出規制の対象とする「エンティティー・リスト」に追加した。このことで、ファーウェイが米国企業から技術や部品を調達することができなくなった。 しかし、米国政府は大切...

CRI online
2019年5月19日 19時40分
続きを読む

米紙『ニューヨークタイムズ』がファーウェイ副総裁の文章を掲載

 17日付けの米紙『ニューヨークタイムズ』は中国企業・ファーウェイ(華為技術)の取締役兼高級副総裁である陳黎芳氏の文章を掲載し、「米国にはファーウェイが必要だ。ファーウェイへの輸出禁止令はイノベーションと競争を減らし、価格を高騰させ、米国の消費者と企業が世界最先端の通信技術を利用...

CRI online
2019年5月18日 16時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング