「脱中国」を画策?豪レアアース企業がこのタイミングで米国に工場設置―中国紙

配信日時:2019年5月22日(水) 13時20分
「脱中国」を画策?豪レアアース企業がこのタイミングで米国に工場設置
画像ID  1093321
22日、環球時報は、オーストラリア企業が米国にレアアース分離精製工場設置を発表したことについて、米国が中国以外のレアアース供給ルートを確保しようという狙いがあると報じた。資料写真。
2019年5月22日、環球時報は、オーストラリア企業が米国にレアアース分離精製工場設置を発表したことについて、米国が中国以外のレアアース供給ルートを確保しようという狙いがあると報じた。

記事は、オーストラリアのレアアース生産企業ライナスが20日、米ブルーライン社と提携してテキサス州にレアアース分離精製工場を建設することを発表したと紹介。ライナスについて「中国以外では世界最大のレアアース生産企業で、世界シェアは約12%となっている」とし、米国のレアアース加工大手との新会社設立により、中国以外では唯一となるレアアース分離精製の大型企業が誕生すると伝えた。

そして、ライナスが声明の中で「新会社の目標は米国のサプライチェーンにおける重要な空白を埋め、米国企業の自国のレアアースによる製品ルートを確保することだ」としたことを併せて紹介した。

そのうえで、米ウォール・ストリート・ジャーナルが21日に「両社の声明は、中国以外のレアアース供給の選択肢が不足している点が新会社設立の大きな要因になったことを暗示している。また、実業界が米中両政府の貿易摩擦に対する憂慮を強めると同時に、摩擦の中から利益を得るチャンスを模索していることが浮き彫りになった」との見方を示したことを伝えた。

さらに、同紙が「トランプ政権は自国のレアアース供給不足が経済のみならず軍事面にも悪影響を及ぼすとの憂慮を抱いている。昨年、米地質調査局は35種類の鉱物が自国の経済と国防で非常に重要との認識を示したが、その半分以上がほぼ輸入に依存している状況なのだ」と解説したことを紹介している。

中国レアアース業界協会の陳占恒(チェン・ジャンハン)副事務局長は「両者の提携には確かに、米国が中国以外のレアアース供給源を確保しようという意図が見え隠れしている。しかし、短期間のうちに世界のレアアース業界の現状を変えることは不可能であり、米国が中国をレアアース供給体系から締め出すことも不可能だ」とコメントした。(翻訳・編集/川尻

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 北村***** | (2019/05/23 16:24)

    レアアースはレアメタルと違って供給が足りていて価格が上がっていない。それに日本に通用しなかったことがアメリカに通用するなどと考えているなんてどうかと思う。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2019/05/23 14:51)

    日本もどこだったか領海に腐るほど持ってる筈だが、さっさと掘り出せばいいのにな。 すくなくとも、海底資源の採掘技術は磨いておくべきだ。採算が取れないからと何もしないのでは、いつまで経っても「採算の取れる技術」など身に付かない。 中国あたりが太平洋に出たがってるのは、そういう「手付かず」の資源が目当てでもあるんだろうからな。 採掘可能な資源、人員、今では資金力も、日本は中国には敵わない。唯一優っている技術力も、磨かなければいつかは追い抜かれる。借金大国となってしまった今の日本こそ、未来を見据えて打てる手は何でも打っておくべきだと思うんだが。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • har***** | (2019/05/23 14:03)

    レアアースはどこを掘っても出て来る ただ採算が合うかどうかの問題 中国のレアアース鉱山は一緒に出て来る放射能で汚染され瀕死の状態
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事