Record China

ヘッドライン:

1~4月の訪日外国客、中国人は1割増、韓国人は経済低迷もあり減少

配信日時:2019年5月22日(水) 12時50分
拡大
日本政府観光局によると、1~4月累計の訪日外客(外国客)の中で最も多かった中国人は前年同期比10.2%増の289万5400人、2番目に多かった韓国人は同4.4%減の264万7400人だった。写真は訪日客の多くが訪れる東京・銀座。

日本政府観光局は2019年5月21日付で、4月の訪日外客(外国客)数と状況の分析を発表した。1~4月累計で前年同期比4.4%増の1098万500人だった。最も多かった中国人は同10.2%増の289万5400人、2番目に多かった韓国人は同4.4%減の264万7400人だった。

4月単月では外客数全体が前年同月比0.9%増の292万6700人、うち中国人は同6.3%増の72万6100人、韓国人は同11.3%減の56万6600万人だった。日本では、今年(2019年)のゴールデンウイークが10連休となった。そのため4月には訪日旅行商品の価格が高騰するなどして、訪日旅行者の多い東アジア市場を中心に、訪日需要が抑えられる傾向が発生したという。

4月に韓国人客が減少した背景にはその他にも、韓中関係の改善による中国への渡航需要の回復や、ベトナム旅行が人気になるなど、渡航先が多様化したことがある。また、韓国経済の低迷の影響も受けたという。

中国からの外客数は4月としては過去最高だった。日本のゴールデンウイークの影響による訪日旅行商品の価格高騰もあったが、訪日需要は旺盛で、新規就航や増便による航空座席供給量が後押しした。

1~4月累計で、前年同期比の伸びが多かったのは、ベトナム(30.3%増、17万8000人)、タイ(19.4%増、51万2700人)、イタリア(17.7%増、5万1000人)、ロシア(17.2%増、3万7400人)、米国(15.0%増、54万2700人)などだった。(編集/如月隼人

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

前例ないGW10連休、中国では「日本人の6割がどこにも行かない」がニュースに

中国メディアの中央電視台は、日本では4月27日に始まったゴールデンウイークが史上最長の10日間になったのに、人々の6割は家で過ごすと紹介する動画記事を配信した。連休のたびに爆発的な人数が行楽や観光に繰り出す自国とは違うようだと興味を示したようだ。

Record China
2019年4月29日 17時50分
続きを読む

日本に行きたい!世界20カ国全体で旅先人気トップ=中国人は81%超、香港人は98%超―電通調べ

電通が世界20カ国/地域の人を対象に実施した「ジャパンブランド調査2019」によると、海外旅行の行き先として人気が最も高かったのは日本だった。中国人の場合、81.5%、香港人は98.3%が日本旅行の意向を示した。写真は東京・銀座を訪れた中国人客。

Record China
2019年4月17日 9時50分
続きを読む

ランキング