1~4月の訪日外国客、中国人は1割増、韓国人は経済低迷もあり減少

配信日時:2019年5月22日(水) 12時50分
1~4月の訪日外国客、中国人は1割増、韓国人は経済低迷もあり減少
画像ID  1093219
日本政府観光局によると、1~4月累計の訪日外客(外国客)の中で最も多かった中国人は前年同期比10.2%増の289万5400人、2番目に多かった韓国人は同4.4%減の264万7400人だった。写真は訪日客の多くが訪れる東京・銀座。
日本政府観光局は2019年5月21日付で、4月の訪日外客(外国客)数と状況の分析を発表した。1~4月累計で前年同期比4.4%増の1098万500人だった。最も多かった中国人は同10.2%増の289万5400人、2番目に多かった韓国人は同4.4%減の264万7400人だった。

4月単月では外客数全体が前年同月比0.9%増の292万6700人、うち中国人は同6.3%増の72万6100人、韓国人は同11.3%減の56万6600万人だった。日本では、今年(2019年)のゴールデンウイークが10連休となった。そのため4月には訪日旅行商品の価格が高騰するなどして、訪日旅行者の多い東アジア市場を中心に、訪日需要が抑えられる傾向が発生したという。

4月に韓国人客が減少した背景にはその他にも、韓中関係の改善による中国への渡航需要の回復や、ベトナム旅行が人気になるなど、渡航先が多様化したことがある。また、韓国経済の低迷の影響も受けたという。

中国からの外客数は4月としては過去最高だった。日本のゴールデンウイークの影響による訪日旅行商品の価格高騰もあったが、訪日需要は旺盛で、新規就航や増便による航空座席供給量が後押しした。

1~4月累計で、前年同期比の伸びが多かったのは、ベトナム(30.3%増、17万8000人)、タイ(19.4%増、51万2700人)、イタリア(17.7%増、5万1000人)、ロシア(17.2%増、3万7400人)、米国(15.0%増、54万2700人)などだった。(編集/如月隼人)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事