中国・日本・インドのスイカの食べ方はこんなにも違った―中国ネット

配信日時:2019年5月25日(土) 12時20分
中国・日本・インドのスイカの食べ方はこんなにも違った―中国ネット
画像ID  1093116
20日、中国メディアの新浪に、「中国人、日本人、インド人のスイカの食べ方はこんなにも違った」とする記事が掲載された。写真はスイカ。
2019年5月20日、中国メディアの新浪に、「中国人、日本人、インド人のスイカの食べ方はこんなにも違った」とする記事が掲載された。

記事はまず、「甘い果肉たっぷりのスイカは中国人の大好物だが、外国人も例外ではない」とし、ネット上では中国人と日本人とインド人のスイカの食べ方の違いについて驚きの声が上がっていると伝えた。

記事は、中国人のスイカの食べ方について、「1つ10元(約160円)ちょっとと安く手に入ることもあり、1人で食べる際は、スプーンを使って果肉を掘り出し豪快に食べるのが一般的だ」とした。

一方で、日本については「そこそこいい値段がするので、日本人がよく購入するのはカットされたものだ。しかも塩をかけて食べる習慣があるという。そうすることで甘みが増すらしい」と紹介した。

インドについては「私たちとは食べ方が違うだけでなく、売られている状態も異なる。皮がむかれた状態で果肉だけを買う。食べ方は、ミキサーにかけてスイカジュースにして飲んだりもするそうだ」とした。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事