日本ブランドの脱毛クリーム、中国の通販サイトで偽物が出回る=販売元が注意を喚起

配信日時:2019年5月23日(木) 6時40分
日本ブランドの脱毛クリーム、中国の通販サイトで偽物が出回る
画像ID  1093099
自社ブランド化粧品の運営や企画、販売を行っているアドシーム(本社・大阪市)は、自社ブランドの「セシルマイア インバスリムーバー(除毛クリーム)」について、中国の通販サイトで模倣品が流通していると発表し、健康被害の可能性も危惧しているとして、注意を呼び掛けた。
自社ブランド化粧品の運営や企画、販売を行っているアドシーム(本社・大阪市)は2019年5月20日付で、自社ブランドの「セシルマイア インバスリムーバー(除毛クリーム)」について、中国の通販サイトで模倣品が流通していることが確認でき、健康被害の可能性も危惧しているとして、注意をよび掛けた。

その他の写真

同社が発表した写真資料によると、模倣品の製品パッケージは色合いに違う部分や画像部分の印刷の粗さがあるが、極めてよく似ている。本体の外観もやはりよく似ている。ただし、表示されている文字には、模倣品はよく似たフォントを使っているが、例えば「さ、ず、り」といった文字の形が明らかに違う。

一方で、製品の「中身」については、「正規品はスポンジの突出部分が均一で表面が丸く、嫌な臭いがない。模倣品はスポンジの突出部分が大きく石油系の臭いがする」、「正規品のクリームは、柔らかく押し出しやすい。模倣品のクリームは固く、伸ばしにくい」など、品質面の違いは目で見ても明らかだ。

模倣品を分析した結果、正規品とは内容物が全く異なるものであり、同社の委託工場で製造したものではないと分かった。模倣品については効能や安全性等、品質全般の保証が一切出来ず、使用した場合に健康被害を引き起こす可能性があると危惧しているという。また、模倣品についての鑑定、保証、正規品との交換などには対応できないとした。

同社は海外販売の卸先に対し、セシルマイア インバスリムーバーの授権書を発行しており、同授権書を提示できない中国販売サイトの該当商品は、模倣品の可能性があるので注意してほしいと訴えた。中国国内だけでなく日本を含む他国への流出も考えられるという。

同社は模倣品の流通経路などを調査しており、模倣品の販売を確認した通信販売サイトに被害申告を行うとともに、民事訴訟や刑事訴訟を含めた法的対応を進めていくという。

仮に中国で健康被害などが発生した場合、日本ブランドの化粧品全般に対する風評被害が発生しかねない状況だ。(編集/如月隼人
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事