Record China

ヘッドライン:

日本でブームの蘭州ラーメン、日清食品の新商品に中国も注目

配信日時:2019年5月21日(火) 17時40分
拡大
中文導報網はこのほど、日清食品が今年4月に発売した「カップヌードル 蘭州牛肉麺」と「日清麺職人 蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば」について紹介する記事を掲載した。写真は本場の蘭州ラーメン。

中文導報網はこのほど、日清食品が今年4月に発売した「カップヌードル 蘭州牛肉麺」と「日清麺職人 蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば」について紹介する記事を掲載した。「在日中国人が故郷の味を思い出す選択肢が広まった」としている。

記事はまず、「2017年に中国甘粛省の蘭州ラーメンの老舗『馬子禄』が日本進出した後、日本では蘭州ラーメンブームが起こった。しかし、どこでもすぐに食べられるというものではなかった」と伝えた。

その上で、「『カップヌードル 蘭州牛肉麺』と『日清麺職人 蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば』の発売は、良いタイミングで市場の空白を埋めることになった」と紹介。日清食品関係者は中文導報の取材に対し、「蘭州ラーメンのスープは香りが濃厚で、色が澄んでいて、誰からも好かれる。また、すでに日本の人々に受け入れられているラー油とパクチーが主な調味料となっているのも、蘭州ラーメンが日本人の舌に合う理由」と話したという。

次に記事は「日清食品は本場の味を再現するために多くの工夫を凝らしている」とし、「『蘭州牛肉麺』では牛骨スープをベースに、同社の『フレッシュパクチー製法』で作ったパクチーと特製ラー油を合わせた。完成度は高い」と紹介。また、「『蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば』は『蘭州牛肉麺』の味をベースに、手打ち麺の食感に似た白い麺を採用。客は即席ラーメン1杯で蘭州へ行って食べているような感覚を味わえる」と絶賛している。

記事は、「日清食品の2タイプの蘭州ラーメンは発売から1カ月余りとなるが、日本だけでなく中国でも注目されている」と伝えた。中国のある動画共有サイトでは、日本で学ぶ中国人留学生や訪日中国人観光客がこのラーメンを食べる様子を撮影し、投稿しているのだという。記事によると、最も注目された動画は延べ70万回以上再生された。

なお、これら商品が中国で販売される予定は現時点ではないもようだ。(翻訳・編集/和田)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

習主席「海外旅行で即席麺ばかり食べずにもっと現地の料理を」=中国ネット「好きで食べてるわけじゃない」

17日、中国の習近平国家主席は、海外を旅行する中国人に対し、「即席麺ばかり食べずに、現地の料理をもっと食べるように」とユーモアを交えて呼び掛けた。中国のネット上では、この発言を支持する声が圧倒的だが、一部には批判的な意見もみられる。資料写真。

Record China
2014年9月18日 0時53分
続きを読む

米国のラーメン通、日・中・韓の即席麺を斬る<前編>「欧米人には韓国のものがイチバン」

3日、米国人でありながら有名なラーメン通であり、インスタント麺の評論ブログ「The Ramen Rater」を運営するハンス・リーネッシュさんが、レコードチャイナ編集部の取材に答え、アジア各国のインスタント麺に対する評価や思い入れを語ってくれた。

Record China
2013年9月3日 21時50分
続きを読む

米国のラーメン通、日・中・韓の即席麺を斬る<後編>「食糧問題にも関わる日本の偉大な発明」

3日、米国人でありながら有名なラーメン通であり、インスタント麺の評論ブログ「The Ramen Rater」を運営するハンス・リーネッシュさんが、レコードチャイナ編集部の取材に答え、アジア各国のインスタント麺に対する評価や思い入れを語ってくれた。

Record China
2013年9月3日 22時0分
続きを読む

ランキング