日本でブームの蘭州ラーメン、日清食品の新商品に中国も注目

配信日時:2019年5月21日(火) 17時40分
日本でブームの蘭州ラーメン、日清食品の新商品に中国も注目
画像ID  1093067
中文導報網はこのほど、日清食品が今年4月に発売した「カップヌードル 蘭州牛肉麺」と「日清麺職人 蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば」について紹介する記事を掲載した。写真は本場の蘭州ラーメン。
中文導報網はこのほど、日清食品が今年4月に発売した「カップヌードル 蘭州牛肉麺」と「日清麺職人 蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば」について紹介する記事を掲載した。「在日中国人が故郷の味を思い出す選択肢が広まった」としている。

記事はまず、「2017年に中国甘粛省の蘭州ラーメンの老舗『馬子禄』が日本進出した後、日本では蘭州ラーメンブームが起こった。しかし、どこでもすぐに食べられるというものではなかった」と伝えた。

その上で、「『カップヌードル 蘭州牛肉麺』と『日清麺職人 蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば』の発売は、良いタイミングで市場の空白を埋めることになった」と紹介。日清食品関係者は中文導報の取材に対し、「蘭州ラーメンのスープは香りが濃厚で、色が澄んでいて、誰からも好かれる。また、すでに日本の人々に受け入れられているラー油とパクチーが主な調味料となっているのも、蘭州ラーメンが日本人の舌に合う理由」と話したという。

次に記事は「日清食品は本場の味を再現するために多くの工夫を凝らしている」とし、「『蘭州牛肉麺』では牛骨スープをベースに、同社の『フレッシュパクチー製法』で作ったパクチーと特製ラー油を合わせた。完成度は高い」と紹介。また、「『蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば』は『蘭州牛肉麺』の味をベースに、手打ち麺の食感に似た白い麺を採用。客は即席ラーメン1杯で蘭州へ行って食べているような感覚を味わえる」と絶賛している。

記事は、「日清食品の2タイプの蘭州ラーメンは発売から1カ月余りとなるが、日本だけでなく中国でも注目されている」と伝えた。中国のある動画共有サイトでは、日本で学ぶ中国人留学生や訪日中国人観光客がこのラーメンを食べる様子を撮影し、投稿しているのだという。記事によると、最も注目された動画は延べ70万回以上再生された。

なお、これら商品が中国で販売される予定は現時点ではないもようだ。(翻訳・編集/和田)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事