Record China

ヘッドライン:

<チャイニーズ・ビューティ>元看護師、香港のラブコメ女王ミリアム・ヨン

配信日時:2007年4月8日(日) 20時19分
拡大
元看護師、というめずらしいキャリアを持つ香港スターのミリアム・ヨンが、ニューアルバムをリリースした。主演映画がヒットし「香港のラブコメ女王」を呼ばれるミリアムだが、芸能界入りのきっかけは歌。アルバムではアーティスト・ミリアムが楽しめる。
(1/4枚)

2007年4月、香港の人気スター、ミリアム・ヨン(楊千樺)がニューアルバム「化」をリリースした。

このアルバムには、台湾アイドルのアンジェラ・チャン(張韶涵)を始め、有名歌手や音楽家が楽曲を提供している。また、レオン・ライ(黎明)率いるレコード会社・A MUSICに移籍しての、初のアルバムとなる。

最近は歌手活動よりも、女優としての活動が目立っていたミリアム。音楽関係者たちは、レコード会社移籍とニューアルバムをきっかけに、女性アーティストとしてのミリアムの成長に期待し、ファンの支持が得られることを願っている。

●ミリアム・ヨン(楊千樺)

香港出身、1974年生まれ、現在33歳。子どもの頃から歌が大好きだったというミリアムは、学校卒業後は看護師として病院で働いていた。だが1997年、同僚の薦めで出場した歌コンテストで入賞し、そのまま歌手デビュー。新人賞を始め、多くの音楽賞を受賞した。歌手デビューと同時に映画やドラマにも出演を続け、主演作のヒットによって2002年以降映画出演が増えていく。元気で親しみやすいキャラクターは、同年代の女性の人気を集め「香港映画のラブコメ女王」と呼ばれるまでに。芸能界にはめずらしい「元看護師」というキャリアも、注目されることが多い。

日本ではトニー・レオン(梁朝偉)共演の『サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋』や『風雲!格闘王』が公開されている。また、2004年に東京国際映画祭で上映されて話題になった、オムニバスダークファンタジー『美しい夜、残酷な朝』の香港編では、美と若さへの執念にとり憑かれて怪しい餃子を食べるおぞましい女を演じ、演技力が評価された。(編集・饒波貴子)



その他の写真

ランキング