Record China

ヘッドライン:

麺の宗主国論争に決着!遺跡から4000年前のラーメンを発見―中国メディア

配信日時:2013年4月13日(土) 23時42分
拡大
11日、人民網は記事「世界最古の食べ物:中国で4000年前の麺を発見」を掲載した。世界的な料理・麺。中国人、イタリア人、アラビア人はみな自分たちこそが発明者だと言い争ってきたが、ついに終止符が打たれた。
(1/2枚)

2013年4月11日、人民網は記事「世界最古の食べ物:中国で4000年前の麺を発見」を掲載した。

その他の写真

世界的な料理・麺。中国人、イタリア人、アラビア人はみな自分たちこそが発明者だと言い争ってきたが、ついに終止符が打たれた。黄河流域の喇家遺跡から4000年前の麺が発見されたのだ。お椀の底に残っていたものだという。4000年といえば他国の麺の歴史とは比べものにならない。中国こそが最古の発明国であることが明らかになった。

こうした古代の食料は他にも見つかっている。英国では5500年前の焦げたパンが石器とともに見つかっている。中国でも墳墓から2400年前の青銅器からスープが発見された。(翻訳・編集/KT)

関連記事

なぜ中国人はお湯、西洋人は水を飲むのか、差は土器の使用法にあり?―中国ブログ

14日、中国の歴史専門家が自身のブログに「中国人がお湯を飲み、西洋人が水を飲む理由」について、新石器時代にまでさかのぼり検証。各地で作られた土器の活用法の違いに原因があるとしている。写真は山東省の大学の給湯室前に並ぶ魔法瓶。

Record China
2009年4月18日 10時26分
続きを読む

ランキング